妊娠中の奥さんの手に湿疹が!ワセリンと紫雲膏を試してみるのがいいよ!




妊娠中の妻が手のかゆみにイライラ。

酒井
どうも、妊娠9ヶ月目を迎えた最近、手にブツブツが出来ているらしい…。

妊娠後期の最近になって妊娠中の妻がイライラが結構すごいんです。

その原因が「しっしん」。
ずーっと手が痒いらしいです。

妊娠性痒疹という病気らしい。

調べてみるとどうも「妊娠性痒疹」という病気らしいんです。妊娠後期に出る病気みたいですね。

どうにも我慢出来ないので、お医者さんに行ったところ発覚しました。
その時には「ヒルドイド」という塗り薬を処方され、ぬりぬりしていましたが、、、

q(〃・`з・´〃)p モ─ッ!!ぜんぜんガマンできない!!!!

と、イライラは増すばかり!!

どうすりゃいいの!!?

かゆい時は「保湿」が大事!

奥さんいろいろ試してたんですが、どうも手が少しでも乾くとひどくなるらしいんです。

どうやら保湿が大事!とのこと。

最近食器を洗った後とか、奥さんすごいバイキンを気にして、流し台とかにアルコール消毒のスプレーとかをしまくってたんですね。
特に今年は湿気が多い夏だったということもあって、特に神経質になっていたんです。

あとは、最近二人で海に行って長いこと手を直射日光にさらしていたっていうことも良くなかったのかも。

かゆみがひどくなる原因として「乾燥」による刺激がありそうだったんです。

「ワセリン」と「紫雲膏」がとても効くらしい。

とりあえずかゆくなっている箇所がこれ以上乾燥しないように、奥さんが色々試し始めました。

その結果、

「ワセリン」と「紫雲膏」。

がめちゃ効くらしい。

この二つを時間帯によって使い分けているみたいです。

昼は水に強く保湿力が高い「ワセリン」

とにかく水に強いのが「ワセリン」だそうです。
食器洗いとかするとすぐに取れてしまうハンドクリームなどと違ってワセリンは水に強い!
あと、色もなく、へんな匂いが無いというのもポイントが高いみたいです。

夜はとにかく効果が高い「紫雲膏」。色と匂いにクセがあるため注意!

夜寝る時にはとにかくかゆみが抑えられる「紫雲膏」がおすすめです。

なぜ、昼も使わないかって?
どうも「匂い」と「色」に問題があるそうです。

まず、匂い。
この軟膏、ごま油とラードが入っているらしく、匂いがすごい。。。です。

いわゆるとんこつらーめんみたいな匂いがしますね。

成分:

本品100gは下記の処方の成分を含む。
シコン・・・10.74g
トウキ・・・7.16g
ゴマ油・・・89.53g
ミツロウ・・・26.86g
トン脂・・・2.69g
(上記の全量136.98gから得られる紫雲膏は100g)

参照:http://www.kracie.co.jp/products/ph/1201871_2220.html

あと軟膏自体に「赤い色」がついているらしくこれが服についたらもう大変。
せっかくの洋服が台無しです。

紫雲膏をつけた後は、手袋をつけるといいよ!

と、色々問題がある「紫雲膏」なんですが、効果は絶大らしく、
かゆみを抑えるだけでなくて、朝起きた時のしっとり感がすごくて、手がすべすべ!になるそうなんです。

そこで奥さんが考えたのが、「紫雲膏を塗った後に布の手袋をするという方法」

寝ている間の手の搔きむしり対策もできますし、衣服に軟膏がつかない。

何より保湿効果が倍増するらしく本当におすすめです!

とにかく旦那ができるのはストレスを軽減してあげること。

体が不自由な奥さんに変わって、なるべく家事を手伝ってあげましょう!

僕の場合は、奥さんの湿疹が「手」に出たということもあって、水回りの仕事を徹底して手伝っています。

・炊事

・洗濯・食器洗い

・トイレ掃除

この辺は自然とやってあげるのがいいかもですね!
本当のイクメンは、まずは奥さんのストレスのタネを失くすことをやるのが仕事かもしれませんね。