【子育て】子供にして欲しいことは、親が楽しくやってる姿を見せるのが良さそうだ。という話。




この記事はこんな人におすすめ
  1. 子供がいうことを聞かなくて困っているパパママ。
  2. 「習いごと」を子供にさせたいが、続くか心配というパパママ。

子供は思っていた以上に「親」を観察している。

酒井
こんにちは。最近2歳のムスメに「しー!しずかに」とよく注意されます!在宅フリーランスのサカイです。

子供の親になってかれこれ2年半。

毎日本当に子供のスキルアップっぷりが早すぎてビビってます。

ちょっと前まで、日本語すら怪しかったちびっこが、

今や、ボクのスマホを勝手に耳に当てて、

「うん、うん、わかりました。」

とか電話している真似をしますからね。

成長したなぁ。。と思っていた矢先、

もっとビビることが最近おきました。

なんと、

教えてないはずのギターを勝手に弾き始めたんです。

大人が楽しそうにやっていることは、子供もやりたくなる。

それが、これ。

仕事で目を話しているスキに、ボクのギターを勝手に背負って、勝手に弾いてるんです。

しかも、めっちゃ楽しそうに。

これ、どう考えてもボクの真似してるんですよ

まぁ、確かに僕も弾いている時は、

完全にマイワールドに入って、音に浸りきってますがw

はずかしながら、↓こんな感じ。

お耳汚しスイマセンw

まぁ、とにかくギターってボクにとっては、やらされてる感はゼロ。

100%やりたいからやっている趣味なんです。ただ気持ちいいからやってるんですね

おそらく、その様子をムスメが見てたんでしょうねぇ。

あれ、楽しそうだなぁ。と。

大人と「いっしょに何かできる」ことが、子供はうれしい。

あと、僕らがワインを飲む時に、娘だけお茶っていうのもなんだかなぁ。

とおもったときに、娘にもソムリエごっこしてあげたんですね。

この時も嬉しそうでしたねぇ。

前々から、

ぼくらが「なんかおいしそうなものを飲んで楽しそうだ」ということを娘は知っているわけですよ。

だから、やっぱり嬉しいんでしょうね。一緒だということが。

この後から、ぼくらば晩酌する時にはかならず

娘にもミルクをソムリエ風に注ぐようにしています。

子供に「無理やり」やらせたものは、身につかない。

ボク自身、子供の頃、親に猛烈に言われて嫌だったことがあったんですよ。

それが、「ピアノ教室にいく?」だったんです。

なぜ、そんなに嫌だったか。

今考えると、何が楽しいのかを親から伝えられていなかったことなんですね。

「とにかく役に立つから」とか「〇〇ちゃんもやってるから」とか。

そんな理由で勧められてた気がします。

しかも、強烈に感覚として残っているのが、

「お父さんもお母さんもピアノを弾いてないのになんで?」って疑問を持っていたということ。

むしろ、

ボクが子供の頃に一番残っている記憶は

関西出身のお父さんが、「そろそろ、頃合いやな」と言って、

「ジュッ!ぺたぁん!」と、

見事にホットプレート状のお好み焼きをひっくり返しているところ。

これ、やっている時のお父さんは「楽しそうだなぁ」と思っていましたね。

結果的に

今ではボクが娘にお好み焼きをやってあげてますしね。

だから、これは今でもボクも真似しているワケです。

まとめ:小さい子供には「言葉」よりも「表情」で伝えてみる。

2歳の娘をみていると、言葉がまだ発達していない分、

それ以外の部分、とくに「大人の表情」で学びとっている部分が多いと感じます。

だからこそ、楽しいことは思いっきり楽しい顔やオーラを出してやるべきですし、

それをみて、子供は好奇心を持つんじゃないかと思うんですよ。

だから、親がまず楽しく生きること!

これが子育ての基本じゃないかと最近ボクは思っている今日この頃です!