【糖質制限つまみ】やげん軟骨の完全食っぷりに驚愕!低カロリー、高タンパクで骨を食して腹満たす!




こんにちは、日本酒が大好きだけどやせたい、丸メガネサカイ(@oasis_sk)です。

日々コメを抜いている僕たちにとって、どうにも避けられない「お酒のおつきあい」。

 

正直言いますと、「おつきあい」とか言いながら、やっぱりお酒の席ではちゃんと美味しいもの食べて幸せになりたいですよね。

 

食べて呑んで、しあわせになりたい!そして、やせたい!ヽ(OДO)ノ

 

というのが僕の夢です。

 

だから、もう居酒屋にいっても我慢せずに食べていい物をバンバン紹介してしまおうかと。

 

糖質制限中のオトナの夢を、カタチにしますよ!

 

やげん軟骨は、糖質制限食のスターなのだ!

なんこつの塩がうまい焼き鳥屋さんは、何食っても美味しい。#糖質制限 #なんこつ

糖質制限を日本酒をのみながらさん(@marumegane1111)が投稿した写真 –

やげん軟骨、歯ごたえコリコリで骨についている身もあっさり。

 

かみつづけると自然の鶏ガラスープが口の中で出来上がるなんとも美味しい一品。

 

とりの旨味を最高に味わえる1本ですが、この軟骨の栄養成分がとにかく優秀!!!

 

鳥軟骨の100g(約2本)あたりの栄養成分
エネルギー    54kcal
タンパク質    12.5g (50kcal)
脂質    0.4g (3.6kcal)
炭水化物    0.4g (1.6kcal)
ナトリウム 390mg(塩分換算0.9g)

 

見ての通り、ほぼ「タンパク質」のみでできているんです。
これだったら、20本たべても「豆腐一丁」分の炭水化物よりも低い!!(*゚o゚)ノ⌒☆スゴイッ!!

 

食べすぎてしまった場合は、塩分によるむくみを防ぐために「利尿作用のある硬水」を。

ただ、食べすぎると塩分(ナトリウム)の取りすぎになってしまいます。

 

とかく塩分摂取量が多いとされる日本の場合、厚生労働省が2014年3月に発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書によれば、18歳以上の男性は1日当たり8.0グラム未満、18歳以上の女性は1日当たり7.0グラム未満という目標量が定められています。

参照リンク:1日5グラムが世界基準、日本人まだ塩分取り過ぎ

軟骨の塩はだいたい1本につき、0.9gの塩分が摂取できてしまいます。
塩分は体に水を溜め込もうとするため、「むくみ」の原因に。

 

もし、食べすぎたなぁ。
と思ったら、むくみを防ぐためにも利尿作用のある硬水を飲むのがおススメ。

 

普通に量販店に売っていてコスパが良いのは「コントレックス」。

 

コントレックスは、他の硬水よりも「サルフェート」という成分の含有量がダントツ。

 

こいつは利尿作用があるだけでなく、
体に有害なアンモニアや水銀、アセトアルデヒドなどの老廃物や有害物質を排出してくれる作用があります。

 

僕は、最近は常にコントレックスを飲んでいるせいか、むくみだけでなくて、便秘も無くなった気がします。

 

あと、アマゾンでまとめて買えば、500mlのボトル1本あたり74円。

 

コンビニでペットボトルを買うよりも安いので節約もできますし、
デトックスの水とも知られているので、奥様もけっこう喜びます笑

そういえば、ガチで減量に取り組んだ時も、

飲み物はコントレックス縛りにしたら、すごい痩せました。

糖質制限ダイエット中にコントレックスを飲みまくったら腸内環境が改善されてストンとやせた話。

味付けは絶対に塩で!タレはまるで「シロップ」なのよ。

ここで気をつけたいのは「タレ」の問題。

 

焼き鳥タレがなにで出来ているかって?

 

【タレの材料】
・醤油
・砂糖
・みりん

 

(((゚ー゚;)))

 

これ、ほとんど糖質やないかぁーい!!

 

例えば、タレを選んでしまうと、
鳥軟骨の100g(約2本)あたりの栄養成分は、
炭水化物    3.45g (1.6kcal)

 

10倍に跳ね上がります。

 

ヤベェヤベェ。

 

というわけで、

 

なるべく、鳥の素材そのものを味わえる、

 

「塩」で注文しましょう。

 

塩」味が美味しいお店は、素材そのものも良いってことですから、名店も見つけやすくなりますしね!!

 

では、よい糖質オフライフを〜