「コロナ共働き」で夫婦げんかを避けるには、互いの仕事を尊重すべし!




この記事はこんな人におすすめ
  1. コロナの共働きでお互い仕事を家でしているが、仕事が進まなくてイライラしている方。
  2. 共働きで立場は一緒なのに、育児は自分ばかりやっているという、奥さま、ダンナさま。
酒井
こんにちは。毎朝ヨメに仕事の報・連・相をしている在宅フリーランスのサカイです。

コロナで外出自粛、

夫婦共働き。

子供も学校に行けず、家での仕事がはかどらない!!!

みたいな悩み抱えていませんか。

ボクは、ちょっと前までまさしくそんな感じでした。

ヨメさんもボクも仕事をしていると、

どうしてもウチの2歳ムスメはヒマになってしまうわけで。

Youtubeの動画に飽きると

「みてみて〜(*’-‘*)」

と、遊んでオーラを全力でぶつけてきます。

特にこれが、リモートワークの会議中だと大変w

子供は元気一杯遊びたいだけなので、全く悪くはないのですが、

やはり、集中して会議はできませんよね。

ただ、ウチではこれをある方法で和らげることができています。

それが、

毎朝の朝食時でのお互いの仕事について「報告」。

そして家の中を、コワーキングスペースと考え、「配慮」をお互いにしよう!と決めたことでした。

 

コロナ中は「自宅=コワーキングスペース」と考え、お互いをサポート。

まずは、家族間で決めたルール、それは、

「コロナ期間、日中は我が家をコワーキングスペースと考えよう!」

と、いうこと。

つまり、

夫婦であっても目の前にいる人は、

同じ仕事場を共有するメンバーであり、

対等な相手であり、

仲間である。

という考え方にしたのです。

この考え方で一番よかったのは、

「どっちが稼いでいるか関係なく、お互いの仕事を尊重する」と言う点。

これって、外に出れば当たり前のことなんだけど、家の中だと一瞬忘れちゃうんです。

少なくとも、ぼくは忘れそうになってました。

ただ、本質はそうじゃありません。

仕事の良し悪しは収入では決まらないはず。

正直、ボクは

「ヨメの仕事」と「ボクの仕事」は比較対象ではない。

という本質をすっかり忘れていました。

そのため、ボクのほうが収入が多いんだから、ボクにもっと仕事させてくれ!的な態度を取ったことも…。

でも、それをいってしまったら、ヨメの仕事が大したことない。と言っているのと同じ。

超失礼ですよね。

医者と看護婦。どちらが上とか下とかないのと同じです。

お互いのビジネスを成り立たせるためなら「育児」だって立派な分業タスク。

そして、お互いの仕事を平等だと考えると、育児だって立派な仕事の一つになるわけです。

そう決めてからは、

お互いに仕事でオンライン会議が入ったらなるべく早めに報告し、

当日、会議中は子供と一緒に散歩しに行く。というルールを作りました。

もちろん、外出時はマスクは着用です!

最近また在庫があるのか、買えるようになってきましたね。

これをやってから、「グッ」と夫婦間でのテレワークのストレスが減った気がします。

まとめ:夫婦だからこそ、良きビジネスパートナーになる。

いかがでしたでしょうか。

コロナ前まで、ボクがヨメさんにもとめていたのは、

「育児もできるワーキングマザー」だったんですが、

それがいかにボク自身の自分都合で勝手な考え方だったのか。

本当に昔の自分の頭を、はたいてやりたい気持ちになります。

コロナだからこそわかった「夫婦でお互いの仕事を尊重する大切さ。」

共働きだからこそ、お互いの仕事を応援する最強のビジネスパートナーになれるよう、

まずは夫婦で、

お互いの仕事について話会い、助け合う方法を会議してみることをおすすめします!