【王道対決】1日最低1.5ℓは「コカ・コーラ ZERO」を飲むオレが、ペプシ史上最強炭酸を誇る「ペプシストロング5.0GV」と「コカ・コーラ ZERO」を味比べしてみる。




最近、東京では雨が続いちゃってるんですね。梅雨真っ盛り!
 
朝の満員電車では、働くお父さんたちのシャツやスーツからq(>`。<〃p) スッパーイ!!匂いが、
 
ツ━━(*∀*;)━━ンッ!!!!
 
ときて、本当にこの臭いでお漬物でも漬けたらよくつかるんだろうなぁ。。と、毎朝考えている酒井(@oasis_sk)です。
 
こういうとき自分は服装自由な会社でよかったとおもいますね(´・ω・`))´-ω-`)) ウン
 
 

「ペプシストロング5.0GV」の刺激がやばいらしい!

 
さて、そんな不快さを一気にリセットするのに、一番もってこいなのが、
 
さわやかになるひととき。
コーラ!
 
ぼくは、最低でも500mlのペットボトルの「コカコーラZERO」1日3本は消費しないと、さわやかになれない重度コーラ依存病にかかっております。※※ (≧д≦*)ケホッケホッ
 
いま「糖質制限ダイエット中」であることもあって、選択肢は炭酸がダイレクトに感じられる…..
 
ヽ(`Д´)ノ「コカ・コーラZERO」一択!!
 
だったのですが、
 
この記事、
 
 
を読んで、
 
どうやら砂糖抜きの「ペプシストロング5.0GV〈ゼロ〉
 
よりも、
 
砂糖入りの「ペプシストロング5.0GV」
 
炭酸がものすごいヤヴァイことになっているとのことだったので、
 
糖分上等!!のんでやろうじゃないの(# ・`д・´) 
 

安定の強刺激:「コカ・コーラZERO」に比べ、口の中の味覚が消える!?:「ペプシストロング5.0GV」

 
きちんと自分の舌で確かめるために、近くの薬局で2本買ってきました。
  

飽きがまったくこない「コカ・コーラZERO」

 
さて、じゃ、まずはおなじみ「コカ・コーラZERO」から。
 
IMG_1972
 
うん。いつも通りのベタつかないクリアなコーラ。
 
よく人によっては人口的な甘味がキライという方がいらっしゃいますが、ぼくは、「コーラ」の味が好きなんですよね。
 
ちょうどいい炭酸の刺激が舌と喉ではじけて、
 
リフレッシュ〜!o(*⌒─⌒*)o
 
なんでこんなに飽きがこないんだろうなぁ。(*´∀`*)なぜ?
 
法律で禁止されるまでコカインを含んでいたらしいけど、これまだ絶対に入ってる気がするよ。
 
(コカ・コーラの元となる原液はフォーミュラと呼ばれる極秘レシピがあるらしく、詳しくは、ここに書いてあります。)
 
 

口に含んだ瞬間消えた….だと!?「ペプシストロング5.0GV」

 
はい、じゃ「ペプシストロング5.0GV」
 
いってみよ.+:。(`∇´●)b
 
開封!!
 

 
あれ、、、(・∀・)
 
以外と吹き出さないんですね。
ぼく的にはもっと
 
・。+・゜★・。・☆・。+・゜シュワシュワ・。・゜★・+。・.
ブシュー!!!
 
くらいを期待していたんですが、
めちゃ静かな立ち上がり…
 
ただ、実際に飲んでみると!!
 
IMG_1981
 
シュワ! *:・   ..フッ_..  .:゚+
 
消えた、、、、
 
甘みが一瞬で口の中から消えた、、、だと?
 
ほんとうに自分はこの液体を飲んだのか、疑いたくなるくらい。
 
(*-`д-;)ス、スゲェ…
 
糖質制限中のぼくにとって、砂糖の甘みは普段よりも強く感じられるのは実証済みなんですよ。
 
 
なのに、まったく甘みが残らない。
むしろ「コカ・コーラZERO」よりも甘くない気がする。
 
「ペプシストロング5.0GV」の炭酸力恐るべし、、、 
 
ちなみに
 
売り文句になっている「5.0GV」の「GV」とはガスボリュームのこと。1リットルの液体に1リットルの炭酸ガスが溶けている状態を「1GV」と表現するそうで、強炭酸が売りのストロング〈ゼロ〉は3.2GV。食品関連のパッケージングや商品企画を行う喜多産業が作った「(PDFファイル)ガス入りのお酒」という資料によると、コカ・コーラは3.7~3.8GV、シャンパンで5.0~5.5GVだとのこと。
 
 
だそうです。
 
「GV」=ガスボリューム
 
ちゃんとそういう単位があるのね。
 

「ペプシストロング5.0GV」はうまい。ただ、やっぱり砂糖はいってる。これ事実。

 
正直な意見を言おう。
 
「ペプシストロング5.0GV」はうまい。
 
ぼくの同僚にも飲んでもらったが、
 
「結構いける。」
 
「昔のビンで飲んでいた時のペプシの味がしてうまい。」
 
という声。
 
だいぶ上々な評価を得ている。
 
とはいえ、やっぱり気になるのは砂糖量。
 
WHO(世界保健機関)によると、「1日のエネルギーの10%に抑えるように」と提言されているそうです。成人女性の摂取エネルギーが2000kcalとすると、その10%は200kcal。砂糖は1gが約4kcalなので、200kcalは砂糖50g。1個4gの角砂糖に換算すると、12.5個分になります。500mlのペットボトルのコーラに入っている砂糖は角砂糖14個分ですから、1本飲めば、すでにオーバーしてしまうことに…。
 
最近、WHOは新しい提案として「5%未満ならより効果的」とも発表しました。こうなると、コーラ1本飲むと2日分の糖分を摂ってしまったことになります。
 
 
参照リンク:https://cafy.jp/23855
 
ですよね。
 
アンチ糖質制限の人にはいくらでも、甘みを感じずに砂糖をガブガブのめる魔法のドリンクだとはおもいます( ̄ー+ ̄)ニヤリ…
 
ただ、コーラファンの方は一度買って飲んでみるのは全然ありだとおもいますよ〜。