Webデザインの職業訓練校に入れば就職できますか?先生をやっていた僕が解説します。




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. デザイナーになるために職業訓練校へ通おうと考えている方。
  2. デザイン業界に転職したいと考えている方。
  3. きつい思いはしたくないが、デザインを仕事にしたい方。

 

先日、twitterのメッセージでこんな悩みが届きました。

「ブログ拝見しました。今からウェブデザインを学ぶために職業訓練校に通おうとしている者です。職業訓練校の先生をしていた知見から学校のことをお伺いできればと思います

おそらく、ブログの「かいているひとのこと」の職業訓練校の先生時代の部分を読んでくれた方だとおもいます。

今日はその方に答えた内容を、ザクっと記事にしていこうとおもいます。

 

職業訓練校に入っても、就職が確約されるわけではありません。

酒井
職業訓練校に入校しても、デザイン業界に就職するのは至難の業。

先生をしていた僕の経験から
最初に結論を伝えると、

職業訓練校での就職の成功率は、
学校の先生によるが、かなり狭き門かも…。
と言ったところです。

その理由を当時の経験から説明していきますね。

1)実は職業訓練校の実際の運営は「国」ではなく「民間企業」の場合が多い。

ウェブデザインを教える職業訓練校は、

学校の運営そのものを、国が民間企業に委託しているパターンがほとんどです。

僕は今まで2校、

ウェブデザインの職業訓練校の先生に携わりましたが、

2校とも民間企業が運営していました。

国の方で特にカリキュラムなどの縛りなどもなく、
ほぼスクールの運営は民間企業の方で決められているのではと思います。

唯一あるのが「出席確認」だけですね。
生徒の中には、通っている間もらえる給付金目当ての方も少なくないので、
出席確認だけは国の方で厳しくチェックするように通達が来ます。

2)学習レベルが低い場合が多い。

1)で触れたように、給付金目当ての生徒もいるくらいですから、
正直、多くのスクールの学習レベルはかなり低いと言っていいと思います。

運営を任せられている民間企業も、
生徒に途中でやめられると、その分、国からの報酬が入らなくなりますので、
運営のスタッフも生徒に対してやめないように、かなり甘めに接してきます。

僕が問題に感じていた部分は
実はこの「学習レベルを下げて、生徒をやめさせない」と言う方針です。

心から就職を望んでいる生徒にとっては
この運営側の態度は本当に物足りなさを感じていたと思います。

3)学校の先生は、ほぼ「フリーランス」

実はデザインを教える職業訓練校の先生は、フリーランスの方が多いと思います。

僕自身、先生をやっていた当時はWebフリーランスでしたし、
普通に案件紹介サイトで、
ウェブの先生が月30万円で募集が出ていて面接を受けて先生になりました。
(実はその後、スクール運営会社のウェブ制作会社に引き抜かれました。)

なので、教えてくれる人は先生としての教育を受けた経験がない方がほとんど。
僕も最初は右も左もわからない状況で先生を始めました苦笑

就職支援なども、企業見学や面接練習を設けているスクールがあればマシな方で、
ほとんどが就職に関しては、生徒個人に任せるというスタンスのところが多いでしょう。

ただ、たまたまかもしれませんが、
僕のクラスは「就職したい」と言う人と同じくらい
「独立したい」と言う方も多く、

用意されたカリキュラムにはなかった、
ウェブフリーランスとして食っていくには…
みたいな話を授業中にしていた記憶があります。

卒業後、ある生徒さんは独立起業されて
今では結構な有名ベンチャーデザイン起業になっている方もいらっしゃいます。
(後日、一緒に働きませんか?とお声がけもいただきましたw)

まとめ)職業訓練校の実情と、デザイン会社に就職するということ。

以上の点をまとめると、

・職業訓練校の運営は国から委託された民間企業
・学校での学習レベルはかなり低い。
・先生は企業に属していないフリーランスの場合が多い。
・就職支援はスクールによるが、あくまで個人の努力が問われる。

と言ったところです。

デザイン業界に就職と言うのは、ある程度名がしれた会社であれば、
実はかなり狭き門です

僕も最初に入ったデザイン会社では、最終面接で落とされた会社にすがりついて、

泣きの一回プレゼンで採ってもらい、一ヶ月給料12万円の研究生から始めました。
(その代わり、現場での経験はものすごい勉強になりました。)

追伸:「デザイン」ができる人は一般企業でも十分需要がある。

僕の嫁さんはそこそこ有名な美大を出ていますが、
就職時にデザイン会社のような身を粉にする働き方が無理だ…と思ったらしく、
今は不動産会社でチラシや広報誌など、社内広報物を作る仕事をしています。

ウチには3歳の子供がいまして、
保育園に預けながら、嫁さんは無理せずテレワークで仕事もできています。

デザインをお仕事にしたい!と言う方であれば、
嫁さんのような一般企業の中でデザインを生かす働き方で
雇用を検討してくれる会社を探してみるのも視野に入れておくのもありかもしれません。









PAGE TOP