【UNCOMMON28日目】人を動かすプレゼンに絶対に必要なもの。それは「自信」。




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. UNCOMMONを受けるかどうか悩んでいる方
  2. 一つ上のビジネスパーソンになるために何かきっかけを探している方
  3. UNCOMMONを受けると考え方がどう変わっていくか観察したい方。

※27日目の様子はこちら↓

「UNCOMMON(アンコモン)」28日目。堂々と話す人は、それだけで目が話せなくなる。

酒井
UNCOMMON生活28日目。そういえばスティーブ・ジョブズもいつも自信満々だったもんな。

まずはこの動画を見てください。

スティーブジョブズがiPhoneを発表する時のプレゼンです。

もうこの動画を見てもらったら、

正直何も言わなくても理解してもらえるとおもうんですが、

とにかくスティーブ・ジョブズの「自信」マンマンな姿勢。

プレゼンっていうよりも、ストーリーテラー、、もしくは預言者?

世の中をまた変えちゃうよ。って言ってるんですよ。この人。

もちろん、プレゼンを聞いている側の盛り上げもすごいんですが、

本当に「今から、世の中変わりそうだ」と期待できるからなんですよね。

これと同じ経験を実はUNCOMMON内でも、昨日経験したんです。

プレゼンで大事なのは、「内容」よりも「自信」。

UNCOMMONでは、ペアワークでプレゼンを見せ合う機会があります。

プレゼン前に「原稿」の作り方を習い、

ビジュアルでイメージしてもらうための「スライド」も用意し、

しっかりと話したいことを整理しておきます。

で、いざ、プレゼン!

となるわけですが、

普段プレゼン慣れしていない僕は、原稿を読んじゃうんですよね。

酒井
感情を込めて原稿を読むことの難しさよ。。。。

とか思っていたんです。

ただ、相手の方は一味違うプレゼンをしてきたんです。

「目線」一つで印象は大きく変わる。

その方は、明らかに「原稿を読んでない」んですよ。

目線があまり下にいかず、ナチュラルにこちらを見て話している。

プレゼンへの緊張感はみじんも感じません。

「これを伝えたい」と言う気持ちの方が優っている感じなんです。

このプレゼンを受けた時に、

あぁ、本当に伝えたいことがある人は、

体に染みつくまで、それを考えているんだな。

と言うことです。

目に光があるんです。

アクションプラン:プレゼンをする前に、話す内容が体に染みつくまで練習しよう。

プレゼンをしたいなら、まずは自信をもって人前に立てることが大事です。

では、自信はどうやって作るか。

それは、

「自分がそのことについて、誰よりも考えている。」という確信です。

原稿を作ることの意味は、自分の話したいことの整理もそうですが、

これを自分がやる意味を再認識するためかもしれません。

自分じゃないといけない理由。

この軸の様なものが自分の中にできれば、

間違いなく自信になります。

では、またレポートします!









PAGE TOP