【UNCOMMON22日目】「あー、楽しかった」と言って死ぬために続けているマイルール。




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. UNCOMMONを受けるかどうか悩んでいる方
  2. 自分のやりたいことがみつからない方
  3. 今、人生がなんとなく退屈な方。

 

「UNCOMMON(アンコモン)」22日目。UNCOMMONを受講すると、毎日、必ず挑戦できる。

酒井
UNCOMMON生活22日目。毎日何かしら自分の知らないことに挑戦できている充実。

UNCOMMONの魅力を一つだけあげるとしたら、

「毎日、挑戦が待っている」

だと思います。

サイトでは「オンラインビジネススクール」と銘打たれています。

ただ、

僕は「ビジネス」にとどまらず「ライフ」だと思う。

UNCOMMONは「オンラインライフスクール」だと思います。

なぜなら、

人生でどうやって「挑戦」すればいいか。挑戦の仕方を教えてくれるんですね。

あー、楽しかった。と言って死にたい。

死ぬ時は、「あー!楽しかった!」と大きな声で言って死にたい。

ほぼ日で、糸井重里さんが昔こんなことを書かれていたんです。

これ、読んだときに、僕もそうなりたい。とシンプルにおもったんですよ。

で、

これを達成するにはどうすればいいか。

糸井さんやほぼ日の取り組みを見ると、

やりたいことに挑戦しまくっているんですよね。

それこそ、

ほぼ日というサイト自体も、糸井さんが48歳の時に始めたらしいですし、

年齢なんか全然関係なし!

やると決めたら、やる。

そのシンプルなマインドが、

「あー、楽しかった。」で死ぬための条件だと思ったんです。

失敗は、成功した時の「喜び」を最大限に引き出す隠し味!

UNCOMMONでワークをやっていると、本当に失敗が多いです。

もういくつくらいワークをやったんだろう。数え切れません。

とにかく、「最初から上手くできた」ってワークは、

本当、一つもないんじゃないかな。と思います。

他の人はどうかわかりませんが、

僕は、ワークの失敗率100%苦笑

ただ、その後に、なんで失敗したのか。という

「原因解明の仕方」もちゃんとおしえてくれるんです。

この原因解明の仕方があるおかげで、

あぁ〜、おれが失敗したのはこの考え方がよくなかったのか。

と、むしろ失敗したことで、

スキルを身につけた過程がより深く理解できるんですよ。

成功の喜びを、最大限に引き出す隠し味になるんですよ。

スイカに塩みたいな。

この「喜び」を毎日味わえるってなかなかないですよ。

確実に自分が毎日成長してるのがわかりますからね。

本当に毎日「あー、楽しかった!」といって、寝れてるわけです。

アクションプラン:小さくてもいいから、毎日挑戦をして、失敗をして、そして成功する!

UNCOMMONで学んだ「小さい挑戦⇨失敗⇨成功」は本当に僕にとっては宝物ですね。

「失敗はして当然」という考えが本当に定着しました。

だからこそ、挑戦は楽しい。

挑戦している時が、一番生きてる!!って感じがします。

では、またレポートします!