【UNCOMMON17日目】相手の本音を引き出すには、良い質問が必要です。




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. UNCOMMONを受けるかどうか悩んでいる方
  2. 一つ上のビジネスパーソンになるために何かきっかけを探している方
  3. UNCOMMONを受けると考え方がどう変わっていくか観察したい方。

 

「UNCOMMON(アンコモン)」17日目。その質問で相手が本当に言いたいことを引き出せますか?

酒井
UNCOMMON生活17日目。良い質問は相手に興味を持ってこそ生まれます。

さあ、コミュ力ワークも二日目。

昨日は相手の言葉を受け取る「聞く力」を鍛える授業でした。

※16日目の様子はこちら↓

今日は、こちらから相手に言葉を投げかける

「質問」の仕方を習っていきます。

今回の授業は、本当に面白かった!

早速レポートしていきます!

質問は自分のためではなく、相手のためにある。

僕は、今まで「質問」というと、

自分が聞きたいことを相手に聞くことかと思っていたんです。

ただ、今日の授業を受けて考え方がまるっきり変わりました。

質問の役目とは

「相手が気づいていない、相手の中にある眠っている本音を掘り下げて引き出すもの」

だと思うんです。

掘り下げの質問を受けると、今まで知らなかった自分が出てくる。

授業中に、「理想の自分像」についてお互いに質問を投げかけるワークがありました。

その時、不思議な感覚を覚えたんです。

ペアワークの方が「掘り下げの質問」をこちらに投げかけてくれると、

今まで散々考え抜いた「はず」だった自分の周りのことが、違う視点で見れるようになるんです。

常に自分の中の経験や知識、心の引き出しを開けて答えを探している感じ。

酒井
おぉ、こんな考えが自分の中にあったのか。あいつのことをそんなふうに考えていたのか。

と、驚くことが何度もありました。

アクションプラン:相手に「好奇心」をもって質問してみよう!

アインシュタインはこういっています。

大切なことは質問をやめないことだ。
好奇心こそ、我々の存在を示すものなのだ。

アルバート・アインシュタイン

ここにある「我々の存在を示すものだ」っていうのが本当に深い!

僕のこの言葉の解釈は、

相手に好奇心を持って質問をする人って、相手からも存在を認められる。

ってことだと思うんですよ。

まずは、相手に興味をもって欲しいなら、相手に深く興味を持つことが大事。

そんなことを考えた十七日目でした。

では、またレポートします!









PAGE TOP