【UNCOMMON14日目】UNCOMMON受講に向いていない人の3つの特徴。




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. UNCOMMONを受けるかどうか悩んでいる方
  2. 一つ上のビジネスパーソンになるために何かきっかけを探している方
  3. UNCOMMONを受けると考え方がどう変わっていくか観察したい方。

※13日目の様子はこちら↓

「UNCOMMON(アンコモン)」14日目。UNCOMMON受講に向いてない人の3つの特徴をあげてみた。

酒井
UNCOMMON生活14日目。受講する前に知っておいた方が良さそうな点を、二週間受けた僕の観点からお伝えします。

僕がUNCOMMONを受けて感じたこと。

それは、

「生半可な気持ちで受講しない方がいいよ!」

ということです。

UNCOMMONの受講は明らかに日常生活への負荷が大きい。

いや、日常生活を変えないと無理!と断言します。

だからこそ、以下に該当する人は、

受講する前に一旦落ち着いて、本当に受講すべきか考えた方がいいかもしれません。

◆UNCOMMON受講に向いてない人の特徴

  1. 資格取得で自信をつけたい人
  2. 一人でじっくり学ぶのが好きな人
  3. 静かな場所&そこそこ高速なネット環境が確保できない人

それでは、理由を一つずつ説明していきます。

1)資格取得で自信をつけたい人。

これは基本中の基本ですが、

UNCOMMONは受講したところで「資格」は発行されません。

朝から晩まで頑張ったのに、履歴書に書けるものは残らないんです。

せっかく時間使って勉強したのに、何も残らないんじゃ意味ないでしょーーー!

という方、ご安心ください。

それよりも、もっと大きなものが自分の中に残ります。

「自信」と「習慣」は自分の中に残る。

残るものは二つ。

今日も一日全力で勉強を頑張ったという「自信」と、

毎日の忙しい中でUNCOMMONをこなしていくための規則正しい「生活習慣」です。

二週間しか受けていない僕ですら、土日の朝、5時半に起きる習慣が身についているんです。

ついてしまっている。という方がいいかもしれない。

そして、昨日の頑張った学びを忘れないうちに、

このブログを書くということができるようになってしまっているんです。

UNCOMMON受講前の僕と言ったら….

週末ともなれば、

酒井

土日は仕事の電話がかかってこないから、

多少酒をたくさんのんでいいか〜!〆にカップ麺も食っちゃうもんね。

みたいなテンションで生きてましたからw

今も、日曜日のUNCOMMON受講後に、

このブログを書いていること自体が、UNCOMMONの副産物と言えるのは間違い無いでしょう。

2)一人でじっくり学ぶのが好きな人

受けない方がいい人の特徴の二つ目は、

「一人でじっくり学ぶのが好きな人」です。

これはなぜかというと、

UNCOMMONの授業の形がオンライン上のペアワークで行われる。

という点と相性が非常に悪いと思うんですね。

実際に、

下のイラストのような感じで、毎日ペアワークで授業を進めていくわけですが、

この形があまり好きでない人は、絶対にやめた方がいいです。

顔出し必須!のUNCOMMONですので、ここをクリアしないことには学ぶこともできません。

3)静かな場所&そこそこ高速なネット環境が確保できない人

これもUNCOMMONの大きな特徴の一つだと思います。

全ての授業がパソコンを通して行われるため、

まず、授業を受けるために集中できる静かな場所は自分で確保する必要があります。

ちなみに僕が受けている場所は、家の近くにあるコワーキングスペースです。

オンライン会議用のスペースも完備されており、本当に集中できて最高!(しかも安い!!)

家では、ウチの3歳児の大きな歌声や、「おかし、ちょうだい!」などの、一方的な要求が鳴り止まないので、本当にここが見つかってよかったです。

回線速度が遅いと「ペアワークの方にも迷惑がかかってしまう。」

さらに、

オンライン授業ということも合って、そこそこのネット環境が揃わないと受けることは不可能です。

UNCOMMONの公式サイトから抜粋すると、

回線速度
必須条件:5.0Mbps 以上(DOWNLOAD / UPLOADどちらも)
推奨条件:10.0Mbps 以上(DOWNLOAD / UPLOADどちらも)

となっています。

僕が今いる小ワーキングスペースの回線速度はこんな感じ。

この状態では問題なく受講できています。

一回だけイレギュラーで、コワーキングスペースが使えないことがあり、

回線速度のダウンロードスピードが「10Mbps強」の我が家で受けることを余儀なくされた時が合ったのですが、

ギリギリ、ペアワークの人と会話ができる状態でした。
(実は一回、回線ごと落ちたりもした。。。ペアの方、、すいませんでした。)

アクションプラン:UNCOMMONを受講する前に「気持ち」と「環境」の準備を整えよう。

実は、僕もUNCOMMONを受ける前には、かなりいろいろ準備してきました。

もっと具体的に何を準備したのか知りたい方hはこちらを読んでみてください。

受ける前の準備で特に大変だったのが「学習環境を探すこと」。

この場所が見つかった時は、本当にうれしかった〜。

あらためて思いますが、「人間は環境に左右されやすいなぁ。」と感じます。

僕の場合、このスペースに来たら、

「UNCOMMONを受ける。そして生産性のあることしかやらない。」

と決めることで、本当に学習効果だったり、生活習慣が変わりました。

これから、UNCOMMON受講を検討されている方も、これから受ける方も

思う存分学習できる環境づくりから始めるのをおすすめします!!

そして、もう一つ言えること。

それは自分にUNCOMMONがちゃんと合う内容なのかを、しっかりと見極めてください。

UNCOMMONを作っているマコなり社長もこの動画で言っています。

 

理解できないのであれば、お金を出してはダメだ!

まずは、

過去の受講生の生の声をtwitterでしらべ、

公式サイトをとことん見て、

さらに、お試しの授業を受けてからでも遅くはありません。

徹底的に調べてから、受講しましょう!!

では、またレポートします!