【UNCOMMON十日目】UNCOMMONをやると「時間の大切さ」が骨身にしみて解るようになる。




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. UNCOMMONを受けるかどうか悩んでいる方
  2. 一つ上のビジネスパーソンになるために何かきっかけを探している方
  3. UNCOMMONを受けると考え方がどう変わっていくか観察したい方。

「UNCOMMON(アンコモン)」十日目!仕事や生活に明らかに変化が出てくる。

酒井
UNCOMMON生活十日目。早いもので三分の一が終了!ただ、効果もわかりやすく出てきた!

※9日目の様子はこちら↓

仕事や生活にUNCOMMONの学びが生きてきた。

最近、明らかに自分の生活に、UNCOMMONで習ったことが生きてます。

それには、

UNCOMMONで習ったスキルが実践でガチで使えたり、

早寝早起きの習慣が半強制的に身につくのはもちろんですが、

それ以上に、

「時間=資産」であるということに気づけたことが大きかったと思います。

なぜ気づけたか、その理由を紹介しようと思います。

理由1)他のメンバーも時間を削り出して来ていると言う緊張感から。

まずは、これ。

本当に朝から晩までUNCOMMON中心のスケジュールになります。

最初に授業のスケジュールの説明を軽くしておくと、、、

ぼくが受けているUNCOMMONの3期は、

朝の部と夜の部に分かれてワークを行っています。

こんな感じ。

UNCOMMONを受けるために絶対にクリアしなければいけないことは、

1)「6時台に起床する」

2)「夜遅くまで残業できない」

ってことなんです。

UNCOMMONの1秒でも遅刻したらアウトという鉄の掟を死守して、

みなさん画面の向こうにいるわけです。

そんな人たちですから、授業への取り組みの本気度が違います。

1分1秒聞き逃さないように、集中しているのがひしひしと伝わってきます。

理由2)授業内容が「生産性」に特化しているから。

UNCOMMONの授業に共通しているのが、この「生産性」という言葉。

とにかくUNCOMMONでは無駄なことは一切やりません。

最速で効果的に問題を解決したり、

一番やり直しが少ない報告方法を学んだりと、

とにかく、1秒でも人生の無駄を省く方法を日々、教わっていくわけです。

無駄を省くと、

自分の時間はもちろん、相手の時間も奪っていないことに気づきます。

つまり、winwinの状態が日々作れるようになるわけですね。

まとめ:無駄を省くことは、相手を思いやることに似ている。

生産性をあげる=無駄を省くこと。

これって、

できるビジネスパーソンが自分の仕事を表現するために言ってそうだな。

とUNCOMMONを受けるまで思っていました。

「自分、生産性低いことは、やらない主義なんで」みたいなw

ただ、最近はちょっと自分のなかで意味が変わってきて、

生産性=チームメンバーの人生の時間を大事にするための方法。

だと考えるようになりました。

仕事の生産性があがれば、プライベートの時間も増えます。

自分が好きな趣味や家族に使える時間も増えていくんです。

そのためにも、生産性をあげることは本当にみんなやったほうがいい!

では、またレポートします!









PAGE TOP