「島田紳助がNSCで語った【伝説の講義】の書き出し」は「努力の教科書」だ。




この記事はこんな人におすすめ
  1. 何事にも結果がでなくて、悩んでいる人。
  2. 正しい努力の仕方を理解したい人。
  3. 今やっていることを、悔いのないように、挑戦を続けたい人。

努力する人間が、成功に愛される!

酒井
こんにちは。筋肉と努力は裏切らない!在宅フリーランスのサカイです。

いや〜、最近、マジで時間を忘れて読んでしまうブログ記事、発見しちゃいました。

内容が深すぎて、気付いたら2時間くらい経ってた〜w

それがこの記事。

「【完全保存版】島田紳助がNSCで語った【伝説の講義】全文書き出し」

島田紳介さんがNSC(吉本総合芸能学院)で話した【伝説の講義】を完全に書き出した、

ゴーゴーケンゴさんにまず本当に感謝!

この記事に出会ったおかげで、

「努力」の価値がどれだけ偉大な物なのかをきちんと理解できました。

「成功をするべくしてする人間」

もしくは、

「幸せになって欲しいと願ってもらえる人間」

これらの人々に共通するのは、

「一生懸命の努力」を知っていると言うことだったんです。

【伝説の講義】の様子はDVDでも出ているらしいので、動画で見たい方はこちらを買ってください。

仮に失敗しても、清々しく次に進むために「最高の努力」が必須。

僕がこの記事の中で、一番感心したのは、

「やると言うこと」という章の、この部分。

NSCに入って漫才師やる言うて売れるか売れへんか分からん。

ほとんど売れへんから。

でもな、

10年20年経って子供が出来て

「俺昔な、NSCで漫才やっててん。完璧にやってんけどな。でも才能なかったわ。」って言えたら次に進めるんや。


だから、一生懸命やる5の努力を知ってほしいねん。才能はな神様が与えるものやから分からへん。

でも頑張る5の努力を身につけたら、たとえ、この世界で成功せんでも次成功するよ。

参照:https://55kengo.com/2017/09/15/shinsuke_nsc_legend/

これ、マジで深い!

紳介さんは、この講義の一番最初に、

才能っていうのは、わかりやすく5段階、0~5まで通知表みたいにあるんすよ。
努力も0~5まであるんよ、

ほんで才能5の人が努力を5したら5×5で25点の最高点の結果が出る。

と、伝えてるんですが、

この「5の努力をした人」だけが、

失敗したことに対して、

「やり切った。」と清々しく言える権利を持っていて、

さらに、「次の成功へ向かうための気持ち」を迷いなく作ることができる。

と伝えているんです。

これ、めっちゃ共感。

人に「やめるのもったいない」と言われた仕事でも、やり切ったからこそ後悔がない。

実は、僕も似たような経験をしています。

数年前、フリーランスになりたての時期に、

僕は「ストアカ」という、

自分が持っている知識を講師として人に教えることができる

「知識のマッチングプラットフォーム」を使っていました。

そこで「小学校二年生でもわかる。格安SIM講座」の講師として

結構な数の講座を持たせていただいていたんですね。

↓今でもページが残ってますね。(今は、新しい授業は設定していません。。)

https://oasis-sk.info/daily/wp-admin/post.php?post=1664&action=edit

もともと某大手キャリア関係のデザイナーだった僕は、

会社員時代に、

スマホの総合カタログやサービスチラシを、競合他社も含めて内容を熟知していました。

そんなこともあり、

講座を開くと受講してくださった方から、評判が広がり、予約も常に埋まっていました。

中には、

「弟子になりたい!」とか「フランチャイズ化」の話を持ちかけてくる人も。

一見順調だったある日、

急にふと講座を続けることに疑問を感じてしまったのです。

続けられないくらい頑張った。だから、やめよう。

もともと、凝り性だった僕は、一旦やると決めたら徹底的にやりたくなりました。

講座が終わった後に、

「やっぱり一人で格安SIMの入り口にいくのが怖いからついてきて!」

と言われれば、

酒井
わかりました!

と休日返上で付き添い、

名前
「講座の時間にはどうしても行けないから、会社の近くまできて!」

と言われれば、

酒井
わかりました!

と電車にのってオフィス街へ。

もちろん、やりがいはありました。

人の人生の中で大事なお金を、固定費を減らすことで増やしていく。

本当に良いサービスでしたし、勉強もたくさんできました。

一人一人のケータイ料金がどんどん安くなっていく様子と、喜ぶ顔は本当に僕も嬉しかった。

ただ、

他の仕事もやりながらだと、どうしても時間も体力も限界があります。

お金のことですから責任も大きいです。

そんなことはお構いなしで、

休む間も無く、次々とくる質問の山、山、山。

そして、ある日。僕は思ったんです。

酒井
「ケータイ料金を人に教えるために、僕は生きているんじゃない。」

そう思ったら、なんか吹っ切れたんです。

もっと、楽しい生き方があるんじゃないかと。

格安SIM講座の講師で、結構な収入を得ていましたが、

その疑問が浮かんだら、キッパリとやめることができました。

なぜなら、

酒井
「おれは、この講師業を限界までやった!」

と、胸を張って言えたからです。

今でも、知り合いに聞かれれば格安SIMについて教えてはいますが仕事にはしていません。

その代わりに、

「この社長と一緒にいたら、めっちゃエキサイティングな仕事できそう!」と

感じた会社の「ウェブ運用」をナリワイに、

今では楽しく、一生懸命フリーランスをやっています!

まとめ:「一生懸命の努力」を知っている人は、必ず生きていけるし、応援してもらえる。

振り返ってみれば、僕はフリーランスになってから、

ずっと「一生懸命の努力」をしてきたかも知れません。

何より、僕自身が「一生懸命やっている人」を見るのが好きです。

そういう人たちの近くにいると元気が出ますし、

一緒にいることで、「自分も頑張りたい!」

というモチベーションにつながるんですよね。

だから、「努力」って大事なんだし、いつもしているべきなんだと思うんです。

ぜひ、ゴーゴーケンゴさんが、清々しいほどの努力で書き出してくれた記事!

読んでみてください!超おすすめです!

【完全保存版】島田紳助がNSCで語った【伝説の講義】全文書き出し