5分でできる!テレワークの運動不足解消にやせ筋トレ「ワイドスクワット」!通勤代りの習慣に!




この記事はこんな人におすすめ
  1. 通勤がなくなって一歩も歩かなくなった方。
  2. 家から出ないので、朝から仕事モードにならない方。
  3. 共働きで奥さんも一緒にテレワークをしている方。

こんにちは。テレワーク大好き!酒井です。
今日も朝から、お家でバリバリ仕事してます!!

テレワークになって移動が少なくなってラクになった〜。という方もいるとおもいますが、

逆に、、、

ずっと家で仕事していると、ほんとに一歩も椅子から動かなくて、運動不足。

しかも、通勤がないのでどうにも仕事モードに切り替わらない。。。

という方、いらっしゃいませんか?

「それな。家から出ないとやっぱり仕事に身が入らんのよ。」

と、思っている方、そう、あなた!

その気持ちよくわかります。ずっと家にいると眠いですよね。

そんな、あなたに足りていなかったのは「朝のちょっとした運動」だったんです。

今日はあなたの脳みそを朝からフル回転させるための「カンタンな筋トレ」とその「効果」について解説していこうと思います。

通勤時、足を動かすことによって脳内麻薬の活性化ホルモン「エンドルフィン」がでていた。

朝から体がだるくてうまく動かない原因。

それは、

「ホルモンの分泌」がされていないからだって知ってました?

今までは通勤中、体を動かすことで、仕事モードに切り替えるホルモンが脳から出ていたんですね。

例えば、

駅まで歩いたり、

電車で踏ん張ったり、

階段を登ることで、そこそこの筋トレ効果を得ることができていた。

そして、そんな運動をすることによって、

あなたの脳から、体を動かすためのホルモンが出ていたわけです。

その様々なホルモンの中でも脳を活性化させていたのが「エンドルフィン」というもの。

エンドルフィンが分泌されると、ランナーズハイのようにどんどんやる気が湧き出る上、頭が冴える覚醒効果をもたらします。

仕事や勉強にも集中しやすくなり、効率が上がることでさらなるモチベーションアップにも繋がるでしょう。

参照リンク:https://mendy.jp/articles/view/193971

という、脳内麻薬ホルモンが出ていたんですね。

それが通勤がなくなった。今、出なくなったわけです。

テレワーカーが、眠いはずですね。

エンドルフィン分泌には、短時間で脚に効かせる筋トレ「ワイドスクワット」がおすすめ。

実際のやり方はこの動画がわかりやすいですね。

 

「たったの30回!全然やれるわ。」

という声が聞こえてきそうですが、これが案外、ガチで効くんです。

3セット最後まで正しい形でやり切ると、ちょっと足がプルプルきます。

コツとしては、

1)ひざは完全に伸ばしきらず、ほんの少し曲げた状態をキープ!

2)脚は大きく広げて、かかと体重でお尻を突き出す。

3)なるべくゆ〜っくりやる。3秒で下ろして3秒であげるくらい。

この3つですね。

もっと詳しく知りたい方は、以下の書籍がものすごく役に経ちました。

この本、金スマ(TBS)でも取り上げられて、50万部も売れているみたいですね。

僕はiPadで読んでいます。

このくらいの強度の運動を朝仕事前にやると、ちょうど通勤がわりにはいいんじゃないかと思うんですよね。


僕も仕事に入る前にいつもこの「
ワイドスクワット」を1セットやっているんですが、

脳からエンドルフィンも十分出ているようで、スッと仕事に入れます。

共働きの方は夫婦で一緒にやると、達成感を共有できてなお良し。

毎朝、僕はこの動画をiPadでみながら、仕事前にやっているのですが、

なんと、最近同じくテレワークをやっている嫁さんも、いつの間にか横で始めていました。

そうすると、あら不思議。

一緒に同じ筋トレをすることで達成感を共有できるというか。いつもよりちょっと仲良くなっているんですね。

これで同じ空間に一日中いても、夫婦間の空気も良好。ダブルでおいしい!

 

まとめ:仕事前、ワイドスクワットをやって、脳を覚醒させよう!

いかがでしたでしょうか。

テレワークの朝だらけてしまうという方は、ぜひ朝の筋トレを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

強制的にエンドルフィンをだすことで、脳が動き出すこと間違いなしですよ!

では、よいテレワークライフを!