夫婦ケンカしたくない男性は「妻のトリセツ」を読んでみて!




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. 夫婦ケンカをしたくない旦那さん。
  2. 妻をホメるのが上手になりたい方。
  3. 女心がわからない方。

 

毎日、嫁をホメ続けたら、家庭内の空気が美味しいです。

酒井
嫁の機嫌が良ければ、家内安全。

おはようございます。

ウェブフリーランスとしてパソコン一台で家族を養っている酒井です。

さて、僕のライフワークとして、

「嫁を60回ホメる」

というものがあります。

そんなことできるわけないでしょw

という声がありそうですよね。

僕も最初は嫁をほめるのって大変!っておもってましたよ。

でも、あることに気づいてからはできるようになったんです。

ホメるコツは「嫁の言動で理解できないことを、相手の立場で一旦考えてみる」

「嫁60回ホメ」を実施する前の僕は、

自分の価値観と違うものに対してイライラする性格でした。

例えば、嫁が作った食事が自分の舌に合わなかった場合。

「これ、もうすこし味が濃い方がいいんじゃない…(静かな声で)」

みたいなことを、何も考えずにボソッと言っては険悪なムードを作り出していました。

ただ、「嫁60回ホメ」をやるようになってからは、

もし食事が自分の舌に合わなくても、そこで一旦考えるんです。

今日のご飯、味薄いな。

もしかしたら、健康を考えて薄味にしてくれた?

もしかしたら、忙しくて満足に準備できなかったか?

もしかしたら、嫁の体調が悪いのか?

などなど。

料理するまでに何が起きたのか。を予測してホメてみる

上の例で言うと、

予測1)もしかしたら、健康を考えて薄味にしてくれた?

ホメ例)なんか今日のご飯、体が喜んでいる気がする!

予測2)もしかしたら、忙しくて満足に準備できなかったか?

ホメ例)今日、もしかしてちょっと忙しかった?大丈夫?

予測3)もしかしたら、嫁の体調が悪いのか?

ホメ例)なんか顔色悪いけど、無理してる?大丈夫?

嫁の様子を観察して、一番当てはまりそうなホメ方をします。

女性への「大丈夫?」は、立派な褒め言葉。

上のホメ例をみて、あれ?とおもった男性がいると思います。

「大丈夫?」って褒め言葉じゃなくない?

これ、立派な褒め言葉なんです。

なぜなら、女性は「気を使われている」と感じると幸せだからです。

というか、女性の脳の作りがそうなっていると言った方がいいでしょう。

ここがわからない人は、「妻のトリセツ」って本読んでください。

抜粋すると、

女性脳の、最も大きな特徴は、共感欲求が非常に高いことである。

「わかる、わかる」と共感してもらえることで、過剰なストレス信号が沈静化するという機能があるからだ。

それによって、怖かった、悲しかった、痛かった、寂しかった、惨めだった、辛かったという神経回路のストレスが軽減される。逆に共感が得られないと一気にテンションが下がり、免疫力も下がってしまうのだ。

黒川伊保子. 妻のトリセツ (Japanese Edition) (Kindle の位置No.159-162). Kindle 版.

はい。脳科学的に証明されています。

アクションプラン:妻を気遣う「大丈夫?」を使ってみよう。

いきなり嫁をホメるのが大変だ。

と言う男性は、まずは「大丈夫?」と声を掛けるところから始めましょう。

いいところを探すよりも、大変そうにしている嫁を気遣ってあげる。

嫁が、

「つかれた〜」と言っていたら、「大丈夫?」と肩を揉んであげる。

「虫!やだー!」と叫んでいたら「大丈夫?」とティッシュ箱をもって飛んでいく。

「いいかげんにしなさい!」と子供に怒っていたら、「大丈夫?」と子供との間に割って入る。

嫁のピンチに「大丈夫?」をすかさず言ってみる。

これならできるはず!

それすら難しいと言う人は、やっぱり「妻のトリセツ」一回読んでみましょう。









PAGE TOP