マコなり社長の「人生を劇的に変える本TOP3」の素晴らしいポイントを3つあげてみる




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. 感動が伝わるプレゼンの仕方を知りたい方。
  2. 読書好きを極めた人間の姿を見たい方。
  3. 今からビジネス系Youtuberを目指そうとしている方。

 

世界一熱気が伝わるプレゼンを勉強したいなら「マコなり社長」でしょう。

酒井
自分が好きなものを、こんなに熱量をもって語る人を他に見たことがない。

おはようございます。

ウェブフリーランスとしてパソコン一台で家族を養っている酒井です。

「マコなり社長」という存在。

このブログを読んでいる人なら一度は耳にしたことがあるでしょう。

一言で言うなら、「世界一生産性の高い熱量モンスター」。

星の数ほどいるYoutuberの中でも、

すぐに使えるめちゃめちゃ有益なことを、

これほどまでに高いテンションで話す人を他に見たことがありません。

特に書評動画「人生を劇的に変える本TOP3」シリーズは、

もうマコなりさんのテンションのボルテージが異常。

今日はこの宇宙一わかりやすい書評動画の素晴らしいポイントを3つあげてみようと思います。

1)書評をしているのに、本を読むよりも本を理解できる。

ほとんどの書評動画って目的が、「動画視聴者に本を買ってもらうこと」だとおもうんですよ。

ただ、マコなりさんの動画は、明らかに本を買わせる先に行っちゃってるんです。

本のネタバレどころの騒ぎじゃない。

なんなら、

「あなたが著者ですか?」っていうくらいのレベルでわかりやすい。

マコなりさんの目的は、「本の内容を本を読むよりも、もっと深く理解してもらいたい」なんです。

特に、「夢をかなえるゾウ」の書評をしたこの動画。

僕も何度も読んでますし、

なんなら、オーディオブックも何度も聞き直してます。

そんな僕が、この動画をみてさらに理解が深まったと感じるんですよ。

というか、はっきりいって感動しました。

マコなりさんが著書に出てくるキャラクター「ガネーシャ」の言葉を、ガネーシャになりきって話すくだり。

こちらに語りかけるように一言ずつ噛み砕いて、感情を込めて本を読んでくれるんですが、

マコなりさん自身が感動しているのが、声にあらわれているんですよ。

若干、感極まっている感じ。

そして、その感動した理由も、丁寧にちゃんと解説してくれるんです。

2)  「例え方」のバリエーションが独特でおもしろすぎる。

これはマコなり社長のどの動画でも言えること。

それが「独特な例え方」です。

今回も「嫌われる勇気」と言う本が生まれた瞬間のことを、

「アドラー心理学の岸見さんと、ライター古賀さんのタッグ。

実践的なアドラー研究に究極のライティングが掛け算されることによって、

超新星大爆発が起こった!!宇宙誕生!!!」

と言い切ってましたからねw

全編を通して、ちょいちょい出てくるこの独特な例えが、

真面目な書評のいいアクセントになっているんですよ。

スイカに塩のようなかんじですね。

それがクセになるんです。

3)読書は「量」ではなく「質」、読んで行動できるかが大事。という本質がわかる。

「読書を起点に私の人生は確実に変化してきた」

というくらい、読書好きのマコなりさん。

動画の冒頭で「本の読み方」についてこんなことも言っているんです。

「隅から隅まで一生懸命よまないでください。どうせ忘れるんで。

1つだけでも心が動いたストーリーがあれば十分です。

そこから何か具体的な行動に移してください。

読書の本質はここ!

読んだ後その知識を元にアクションできるかどうか!

そのためには、本を読んで感動することが大事なんだ。

ということを、ありとあらゆる方法で、

自らアクションした経験も交えながら話してくれます。

 

アクションプラン:上で紹介した書評動画を全部見て、人生を変える行動を起こす。

一応、

今回、マコなり社長が動画で紹介した本のリンクを貼り付けておきますが、

正直、もう買わなくてもいい。買わなくても上の動画さえ見れば、大事なところはわかります!

(ただ、僕は全部買ったw)

まずは動画を全部みて、

動画で得た知識を自分の人生にどう生かすかを決めてください。

あとは行動するだけです!

こんなに素晴らしい動画を作ってくれたマコなり社長

本当、あなた優勝です!!









PAGE TOP