完璧に「朝5時起き習慣」を手に入れるためにやった3つの工夫。




 

この記事はこんな人におすすめ
  1. 朝の時間を有益に使いたいけど、なかなか起きられない方。
  2. 日々の生活リズムを整えたい方。
  3. 1日を余裕を持って過ごしたい方。

 

早起きは習慣化すれば、歯を磨くのといっしょ。

酒井
この記事さえ読めば、早起きの仕方で悩むことはありません。

おはようございます。

ウェブデザイナーとしてパソコン一台で家族を養っている酒井です。

朝5時起きを続けること2ヶ月。

すっかり早起きが習慣化しました。

とはいえ、最初の方は朝は辛かった。

普段から、お酒を飲む習慣がある我が家。

朝から二日酔いの頭を抱えながら、のそのそ起きるとかもザラにありました。

ただ、そんなダメダメだった僕が、

今では毎朝、5時にはガバッと布団から出られています。

そんな僕が朝5時半起きするためにした工夫を3つ紹介していきたいと思います。

これさえ読めば、明日から早起きマスター!

工夫1)ご褒美を用意しておく。

早起きした自分にご褒美をあげる。

これが結構いいんです。

僕の場合は「おいしいコーヒー」。

コーヒー豆をハンドミルでガリガリ引いて、

丁寧にコーヒーを入れながら作業する。

これが、なかなか良いんです。

むしろこのコーヒーを飲みたくて早起きしていると言っても過言では無い。

まずは、早起きできている自分を褒めてあげるところから始めましょう。

工夫2)毎朝やることを、固定で決めておく。(ルーティン化する)

さあ、早く起きたぞ!

で、何をするか。。。

なんて悩んでいるヒマがあると、人間は二度寝します。

そんなことにならないように、

あらかじめ朝やることは決めておきましょう!

つまり「モーニングルーティン」を決めておくということですね。

基本的に、朝、目覚めてからは、脳を一番効率よく使えると言われています。

なので、大事なことを考えたり、将来に向けての勉強をするなど、

頭脳労働に使った方がいいでしょう。

モーニングルーティンってどんなことすればいいかわからない。

という人は、

以下の記事を参考にしてみてください。

工夫3)朝活を一緒にする仲間を作った。

 

実は朝活を始めたのは、

マコなり社長のオンラインビジネススクールUNCOMMONを受講したのがきっかけ。

だって、このスクール。

平日は開講が朝の7時なんですよw

で、朝7時になると、画面の向こうに誰かが待っている。

その責任感もあって、自然と起きちゃうんですよ。

自分一人のためなら、早起きできなくても、誰かのためなら早起きできるんですよね。

なのでUNCOMMONが終わった後も、僕らはお互いのために朝活を続けています。

そういう意味では、

一旦、朝活仲間をつくるためにUNCOMMONを受けるのもいいでしょう。

早起きは「仕組み」で習慣化しよう!

いかがだったでしょうか。

普段、会社で仕事をしていて疲れ切っていると、

1秒でも長く寝ていたいという気持ちにもなりますよね。

ただ、

寝ているよりも、朝もっと楽しいことが起きる仕組みがあれば、

早起きもそんなに苦にならないはず。むしろ楽しくなります。

そうなれば、こっちのもん!

これからも僕は朝活を続けていきます!

みなさんとも、いつか一緒に朝活できたらうれしいです。

本当にそういう仕組み作ってみようかな、、、。









PAGE TOP