ダイエットのモチベーションをあげるために成果を確かめに行きたいなら「サウナ」が一番という話。




この記事はこんな人におすすめ
  1. ダイエット中の下がったモチベーションを再び上げたい方。
  2. ダイエットで本当に体型が変わった成果を実感したい方。
  3. ダイエットしないとどうなるかを知りたい方。

 

みなさま、こんにちは。絶賛減量中のサカイです。

ダイエット中は、毎日体重計に乗るという日々が続くとおもうので、数字としての体重の増減はわかりますよね

ただ、

「自分のカラダ、本当にカッコよくなっているんだろうか。」

ということが、ちょっとわからなくなる時、ありませんか?

自分のカラダって毎日鏡でみているので、ちょっとずつの変化って強烈に実感できないとおもうんです。

ダイエット前の体型を写真にとって残しておいて(ぼくもやってますが)、現在の体型と見比べる。

という方法もちょっと考えればできそうですが、、、、

最近僕は、そのやり方よりももっともっと劇的に

酒井
「おれ、マジで痩せたわ!!」

と感じる方法を見つけてしまったんです。

それが、「サウナにいくこと」!

今回は、その理由を説明していきます。

サウナには「ダイエットをする前の自分に似ている体型」の人が結構いる。

これなんです。

ジムと比べて「サウナ」ってそんなに体がムキムキっていう人がいなくて、

いわゆる「普通より、ややぽっちゃりさん」率が高い気がするんですね。

で、こういう人たちをみていると、ふと、思い出すんです。

酒井
「あぁ、ついこの間まで、おれもぽっちゃりしてたわ。」

と。

で、サウナには、大体の家には置いてない爪先から頭まで見れる「巨大な全身鏡」が置いてありますから、それで自分の姿を見るわけです。

そうするとあら不思議!

自分のダイエット前と比べて、体のどこが変わったか明確に認識できるようになるんですね

「人の振り見て我が振り」、、、、的な、、、感じなのですが、本当に比較対象があるというのはわかりやすい!

ちょっと失礼なやり方なんですけど、心の中で気づかせてくれた人にお礼をつたえましょう。

「ありがとう。そしてさようなら、昔の自分。僕はやせたよ。」と。

まとめ:ハダカで全身を見るから気付けることもある。

ダイエットって結局、「自分を客観的に見れるかどうか」ってことも大事だと思うんです。

自分の頭の中で、

「うん。きっとやせた」

と思っているうちは、やっぱり自分の理想のカラダではないと思うんです。

体重計に毎日のって、

そして、

たまに昔の自分を思い出しにサウナで人間観察して、「もうあの体型にはもどらない!」とモチベーションをあげる!

ぜひ、ダイエットの停滞期にお試しください。またきっと奮起できると思います!

それでは一緒にがんばりましょうー!パワー!💪