ブログ継続10日目にして「ブログを続けるのが大変で難しい理由」を3つ赤裸々に書き出してみる。




酒井
こんにちは。ブログってつづけるの最高に大変です!在宅フリーランスのサカイです。

ブログを書いている皆さん。お疲れ様です。頑張っているあなたが好きです。マジで。

そして、ブログを今からはじめようと思っているみなさん。マジで今から頑張りましょう。涙の数だけ強くなれます。

僕はというと、

「よっしゃぁ、一日も休まずブログ書くぞ!」

と、決意してから10日が過ぎ、

ギリギリなんとか続いています汗

「毎日、一記事。」

これ、マジ言葉で言うのはカンタンですが、やってみたらホント大変なんです。(弱気)

この記事では、ブログを連続10日更新した僕が気付いた、

「ブログを続けるのに大変な理由」を紹介して行こうかと思います。

難しい理由その1)一記事書くのにとにかく時間がかかる。

まず、第一にビックリしたのが、

今の時点で、僕が一記事書くのに、最低でも3時間は時間をかけていることです。

正直、今までブログを書いてこなかったワケではなかったボク。

さらに、今でも、

フリーのウェブディレクターとして、

他社のウェブコンサルもやって、そこそこサイトの数値も売り上げも伸ばせているので、

酒井
まぁ、ぶっちゃけ、「一記事一時間」もあれば余裕でしょ。

と、思っていたんですが、その感覚は大間違いでした(爆死)

「個人ブログ」では、情報収集から執筆まで全部自分でやらなければいけない。

まず、ぼくがわかっていなかったのは、「他社サイト」と「個人ブログ」は全く別案件と言うこと。

「他社サイト」ではもともと売るべき「商品」があり、その道のプロのお客様から「商品」についての情報や経験談をもらえます。

「売るべき商品(目的)」もあり、情報収集も手伝ってもらった上で、サイトの運用を一緒に行う。

つまり、「他社サイト」ある程度、チームプレイでウェブの運用を進めることができるのです。

これが「個人ブログ」になると、どうなるか。

全部自分一人でやらなければいけないんです。

まずはブログで売れる「商品作り」から作らなければいけません。

・自分が持っている「価値ある情報」とは何か。

・アフィリエイトをやるでも、自分が紹介できるジャンルの商品はどこから仕入れるか。

・そもそも、集客はブログだけでなくTwitterやInstagramも使った方が良いんじゃないか?

酒井
ブログ書く前の準備や調査、商品作りだけで、日がくれるっw

と言う感じなのですね。

最近は経験したこと全てを、「ブログに生かせないか」と考えてしまうクセがついてきました。

難しい理由その2)「土日に休む」という感覚を持っていると続かない。

毎日ブログ更新ってことは、

もちろん「土日」も続けるわけです。

カレンダー通りとかそんなのありえません。

共働きのテレワークの我が家では、嫁さんは基本土日は休み。

休みの前日には、「子供が寝た後に、お酒をたしなむ。」のが我が家の楽しいルールでしたが、

ここで深酒すると、次の日に頭が痛くなってブログが書けなくなります。

猛省ッ….

したらブログの連続記録がなくなります。

このあたりの生活における「気の引き締め方」もブログを通して少しずつ変わってきました。

難しい理由その3)渾身の記事が一円も生み出さなかった時の脱力感。

こんなに大変な思いを書いた記事でも、公開後….

まったく何も反応が無い時のツラさ。。。

あろうことか…祈ってしまった…!
何も考えず…神頼み…

救ってくれ…
オレを助けてくれ…だっ…!

もう自分以外…頼るものなどいない…と
骨身にしみて知っていたはずなのにっ…!

カイジ (賭博黙字録カイジ 第158話)

ほんと、この心境。

まだ僕の中に、

「何者でも無い自分でもワンチャンあるんじゃ無いか」という甘い気持ちが残っているんだなぁ。と。

始めてスグに結果が出ないのは、他社のサイトでもわかっていたはずなのにっ…!

続けないと意味が無いのはわかっていははずなのにっ…!

なぜか、

自分の「個人ブログ」だけは特別とか、うぬぼれがあったんですよね。

この現実を毎日突きつけられます。

結局、神や仏も救ってくれない。信じれるのは自分自身だけ。

まとめ:自分自身を信じるしかない。諦めたらそこで試合終了だから。

結果が今は出なくても、クライアントワーク以外で経済基盤を作ると決めたから、

とにかくやる。毎日試行錯誤してやるしか無いんです。

ブログを書く。

ランクトラッカーで自分の記事が上位表示されているか確認。

反省を踏まえて改善する。

ブログを書く。

これをやり続けて成長していくしか無い。

なぜなら、

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ…。」

ですから!!

一年後の僕が、このブログを読んだときに、

酒井
お前、あの時、よくやめなかったよ。

って言えるために、今は毎日更新がんばろう!

ブロガーの皆さんも一緒にがんばりましょうね!!