【2020年5月版】毎日使ってわかった「Audible」のメリットデメリットとランニング向けおすすめ本ベスト3!




この記事はこんな人におすすめ
  1. Audibleに入会しようか迷っている方。
  2. Audibleの使い方がいまいちピンときていない方。
  3. Audibleのデメリットも知っておきたい方。

この記事の目次

Audibleを毎日使っていると、メリットだけではなくデメリットも見えてきた。

酒井
こんにちは。毎日ランニング中にAudible!在宅フリーランスのサカイです。

本当に、いまやAudible無しの生活が考えられないくらい、僕は一年以上毎日Audible使っています。

特に、朝のランニング時のモチベーションをあげるのには必須!

成長をうながす面白いビジネス書のような本を聞きながら朝から走っていると、、、

「うぉおおおおおお、俺はいま成長している!成長ホルモンがドバドバ💦」

と、いう気持ちになるんですね。

さて、そんな感じでテンションを上げてくれるAudibleなんですが、

長く使っていると、

「ここはダメだな。」

って思うデメリット部分も見えてきます。

今回は、僕の利用経験からAudibleの良いところ悪いところをきちんと話した上で、

ベストな使い方はこれでしょ!みたいなところまでお伝えできればと思います。

「Audible」は毎月1500円でベストセラー本を朗読してくれるサービス。

酒井
「スキマ時間に本を聴けるっていうサービスです。」

料金 月額1,500円
無料お試し 30日間あり
お試し申込みはこちら
提供コンテンツ数 40万冊以上
サービス内容 ・最初の1冊は無料。

・毎月1冊購入可能
・本の返品/交換は可能
・追加料金無しコンテンツ有り
・単品購入は30%OFF

と、なっています。

最初の1ヶ月は無料お試しできて1冊丸々聴ける!実は退会しても聴けます。

2020年5月現在は

「無料お試し期間が30日」

で、

「最初の1冊は無料」なんです。

これ、どういうことかというと、

「とりあえず1冊お試しであげる。返さなくても良いよ。それ聴いてみて良かったら入会して。」

ってことなんです。

そう、返さなくて良いってことは無料で1冊もらえるっていうことです。

もはや、この時点で入らない理由がないんですが笑

とにかく試すだけ試してみる価値はあると思います。無料ですし。

利用して初めてわかったAudibleのデメリット。ポイントは「本のジャンル」と「声優さん」。

Audibleって多分最初に選んだ本でだいぶ印象が変わるサービスだと思います。

僕の場合は運良くアタリ本に出逢ったので、今も使っていますが、

後日、違う本を聴いたときに、「だめだこりゃ」って思うことが何回もありました。

ちなみに僕がAudibleを使っているシーンは、

・朝のランニング中。

・瞑想

・混んでいる電車や街を歩いている時など移動中。

という感じで、

「本を読む」「SNSをみる」ということが、できないような場面で使っています。

デメリットその1)聴くのには長すぎる本を選ぶと、内容が頭に残らない。

これ、本当に使ってみてびっくりしたんですが、いわゆる海外系の内容が濃い本は、聴き終わっても内容が残らないということです。

なぜかというと、長すぎるんですよね。聴き終わるまでに。「本がつまらない」とかそういうことではないです。

例えば、言わずと知れた名著「FACT FULLNESS」

書店なんかでもよく見かけるビジネス書としてはかなり有名な本。

これをAudibleでダウンロードして聴いてみたんですが、、、

聴いても聴いても終わる気がしない 😅

それもそのはず、この本聴き終わるまでに、

12時間 57分(長っ)

かかるんです。

これ、僕の少ない頭のメモリーでは、聴き終わった頃には、本の前半の内容は全部抜けちゃいます。

もちろん人によっては、大丈夫!って方もいると思いますが、僕は無理でした。

こんな長時間費やすくらいなら、「サラタメ」さんのYouTube見て、まずは概要を掴んでから、
(というか、サラタメさん本当にこの長い本を9分にまとめるって頭良すぎ。)

普通に「メモ」が残せる「キンドル版」書った方が、確実に頭に残りますからね。

デメリットその2)本を読むナレーターさんが良くないと、内容が頭に残らない。

これも盲点でした。

タイトルが超絶面白そうな本でも、耳から入ってくる声を聴いた瞬間、、、

「あ、このナレーターの人、やる気ないな。」

みたいに感じることがあるんです。

覇気がなかったり、棒読みだったり、、、この人の声をずっと聴いているのはツライ。

とおもう本にぶち当たった時のガッカリ感は半端じゃない。

ここら辺は、本のレビューにも書いてある場合があるので、参考にしても良いかもです。

Audibleのメリット!何度も聴きたくなる良いコンテンツとナレーターがいる。返品も可能!

とはいえ、僕はAudibleを使い続けています!

なぜかというと、自分にあった使い方がわかってきたらメリットしか感じないからなんです!

メリットその1)売れ筋の新書を大量に消化するにはぴったり!

超大作のような本を聴くのにはAudibleは向いてない反面、

売れ筋の新書なんかをサクッと消化するには本当にAudibleは向いてます。

たとえば、「メンタリストDaiGo」さんの本とかは、Audibleで読むと本当にはかどる!

もともとYoutubeでも結構な早口で有名なDaiGoさんですから、

Audibleでも、再生スピードを少し早めて聴いても全然問題ないんですよ。

また売れている新書って

「読みやすさ」

が追求されているので、聴いてもスッと入ってきやすいんですよね。

これは超おすすめです。

メリットその2)気に入った「ナレーター」でも本を探すことができる。

デメリットのところで「ダメなナレーター」がいるということに触れましたが、

実は逆に「めっちゃ自分に合うナレーター」も、いるんですね!

この「お気に入りナレーター」が見つかったのは本当に大きいですね。

やはり聴いてて気持ち良いですし、何より内容がどんどん入ってくるんです。

さらに声から元気がもらえる。

「応援してます!」って感じがめっちゃ伝わってくるんですね。

これは本当に大事!

メリットその3)実は半年間返品できるので、実質聴き放題に近い。

これは、裏技みたいなもんなんですが、実は実質全部の本が読み放題です。

どういうことかというと、

Audibleでは本を買うときに「コイン」を使って購入する。という特殊な仕組みをとっています。

毎月1コインが付与され、

1コイン=値段関係なくどれでも1冊購入できる。

ということになっているんですが、返品も可能。しかも半年間。

なので、「聴いた後」でも返品できるっちゃできます。

ただ、これ、あまりにも返品を繰り返すと、

「これ以上は、返品だめです。」

みたいなメールが届きますので、そこは気をつけてください。

Audibleはズバリ!「ランニング中にバリバリ成長したい人」のためのツール!おすすめ本紹介!

こんなAudibleですが、僕がおすすめする使い方はズバリ!

「早朝のランニング中!」

です。

これ、本当に試してみればわかるんですが、

そもそも

「朝早くから走っている」だけでも十分、成長している実感があるのに、

さらに、耳からも成長できる「成長系コンテンツ」聴くとどうなっちゃいますか!

「成長ホルモンがドバドバ出てエクスタシーぃいいいい!」

になるんですね。

ガチで僕、走りながらたまにニヤケたりしてますし(気持ち悪)

家に帰り着く前の最後の坂道とかも、

「成長成長!」とか言いながら、テンション上がって超ダッシュしてますしね(気持ち悪)

 

そんなエクスタシー状態に僕を持っていくAudibleのコンテンツベスト3も紹介しておきます!

第3位)【ROLAND朗読】「俺か、俺以外か。ローランドという生き方(特典付)」

この本は読むよりも「絶対にAudibleで聴いた方が良い!」 という代表のような本!

なぜなら、この本の朗読は、現代ホスト界の帝王と称される『ROLAND』(ローランド)本人によるものだから。

本の内容自体もかなり笑えて勇気が出るものだが、

それよりもびっくりするのは「ROLAND」の美声。

なに、このオーディオブック…ASMRですか?

ホストの帝王というだけあって、朗読も絶対に手を抜いてない感がスゴイんです。

まるで、もてなされているかのような、ここは歌舞伎町のクラブですか、、と勘違いするようなゴージャスな声。

これ経験できるのってAudibleだけだと思います!是非聴いて欲しい!!!

第2位)神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り 著者: 星 渉

この本は、「ランニング」との相性がバツグン!

メンタルのことについて話しているようで、

この本の内容は「成長のスピードを早める方法」が具体的に語られています。

「理想の自分になるためには…」ということを聴きながらランニングする。

これで成長しないわけがない!!!成長ホルモンがドバー。

あと、この本のナレーターの桑原 敬一さん。

この人の話し方も本当に、ランニングに合うんです。

いやぁ、本当に明日も聴くの楽しみダァー!成長ホルモン!

第1位)人生は楽しいかい? 著者: ゲオルギー・システマスキー, 北川 貴英

ビジネス書なのに、何度聞いても、泣けてくる。 「僕とゲオの成長ストーリー」

実は、僕が最初にAudibleで聴いた本が、この「人生は楽しいかい?」だったのですが、

本当に、この本が最初で良かった!!

Audibleバージンがこの本じゃなかったら、多分、「本を聴く」良さに気づけなかったと思います。

それくらい感動しましたし、今でも定期的に聴いてます。

この本もモチロン「ランニング」にぴったり!

何より、主人公の「僕」が、謎のロシア人「ゲオ」に、

ロシア特殊部隊の格闘技「システマ」も奥義を習っていくことで、

フィジカルからメンタルを強くしたり、その逆もあったりと….

これって、「走れば強くなるランニング」と酷似してませんか?

走っている時に聴くと、まるで主人公「僕」が、自分自身のことのように思えてくるんですね。

あと、単純に話が面白すぎる。こんな自己啓発書なかなかないんじゃないかなぁ。

モチロン、ナレーターの「平川正三」さんの

「一人何役やれるんだ。この人は?」というプロナレーションも注目!

いや、また聴きたくなってきたわ。😂

 

まとめ:ランニングが楽しく習慣化する最高ツール。それがAudible

本当、「ランニング」を習慣にするのって大変だと思うんです。

とくに早起きしてってなるとなおさら。

ただ、僕は「Audible」のおかげで毎日のランニングが逆に楽しみになっています。

今日はどんな成長の話が聴けるのか。

走っている最中にどんな気持ちになるのか。どれだけ気分よく成長に貪欲になれるのか。

音楽を聴いていた時にはなかった「ベストを尽くす」という気分を、

毎朝バシバシ感じることができるのですから。

ぜひランニング好きの方は、無料でAudible聴いてみてください。

本当にくせになりますから!