お別れが切なくなるくらい美味いカレー三種盛りに恋をした。高円寺「アンドビール」




酒井
こんにちは。ウマすぎるカレーとの出会いは恋愛体験と似ている。在宅フリーランスのサカイです。

さて、みんな大好きカレー。

僕ももちろん大好きです。

で、今日の昼、

家でテレワーク中の嫁さんが、作業中の僕に言うわけです。

ヨメさん
昼ごはん、カレーでも食べにいく?
酒井
(かぶせ気味に)お供します(キリッ)

カレー誘われたら、断る理由は一つもありません。

ただ、

その時の僕は、

まさかカレー屋で

「泣きたくなるくらい切ない思い」

をすることは、

みじんも感じていませんでした。

高円寺「アンドビール」の三種盛りカレー!は見た目も映えまくる。

で、嫁を先頭に

家から、中央線の高架下をチャリで走ること、だいたい5分。

「アンドビール」と言うお店に到着しました。

ランチは「カレー三種盛り」を迷わず注文!

一食で三つの味、楽しめるって素敵やん。

と思ったら、店員さんから、

店員さん
「すいません。牛すじのカレーが終わっちゃって、、、二種類までしか選べないんです。」

あぁー!動き出しが遅かったかー!

と言うわけで、

二種盛りとトッピング唐揚げをチョイス!

ちなみに、今日のメニュー看板はこんな感じでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アンドビール(@andbeer_koenji)がシェアした投稿

さて、カレーを待っている間に、

お店の本棚を覗くと、「インド」と「カレー」の本が勢揃いw

その中でも、

いちばんおいしい家カレーをつくる」という

NHKの今日の料理にも出ていた「水野 仁輔」さんの本を読みつつ待っていました!

この本、カレーは星の数あれど、

家のキッチンで作れる最高傑作「ファイナルカレー」の作り方を教えてくれる本でした。

(最初のページから、面白すぎたので即、アマゾンでポチったw)

で、そうこうしているうちに来ました!

カレーです!

ひゃー!

ご飯の上に、うまそうなキーマカレーと、まんまるお月様せんべいー!

そして、味の想像はできないが間違いなくうまそうなケララカレー。

こりゃ、映えますな。写真写真っと。

その後思わぬサービスが、、、結果的に二種→三種カレーに。

さて、じゃ、食べようかなー。

とスプーンを握り締めたわけです。

スプーンもまたおしゃれw

と、そしたら背後で店員さんの声が…

店員さん
「牛すじカレー、盛りつけるまでの量はなかったんですが…もし良ければこちらサービスです。

トン。

まさかの大どんでん返し!

サービスのおかげで、結果的に、「三種類」味わえる超展開に!

最高にして万全の布陣ができあがりました。

この時点で、「もう最高の店」だってわかりましたが、、、

食べ始めてから…が、

もう本当に泣きたくなりました。

まさか…「これが恋?」カレーの食べ終わりを予感した瞬間、泣きたくなった。

では、うまそうなカレーを食べていく!

「ケララカレー」:ココナッツじんわり、だけどしっかりスパイスも感じます。

まずは、

味が想像できない「ケララカレー」から。

あむ。

酒井
ココナッツがじわ〜

味が想像できない中での、

普段なかなか口にすることのない「ココナッツ」ベースのカレー!

鶏肉にしっかりと味が馴染んで、これはウマイ!

そして食べれば食べるほど、しっかりとスパイス感が出てきます。

辛み=旨味になっているというか。

舌がひりひりするだけの辛さじゃないぞ!おいしい辛さだー!!

「郡上味噌キーマカレー」:肉がギュギュッとしていてジューシー!肉味噌を彷彿させる優しい味!

次にキーマカレー。

あむ。

酒井
日本人全員好きなヤツ〜

これは思った以上に「味噌」感がガッツリきます!

カレーってこんな顔もあるんだ!と感じる味!

どちらかというと、「肉味噌」のような味なので、ご飯がススんじゃいますね。

これの瓶詰めが売ってたら、

間違いなくご飯4合はぺろっといけちゃうあぶないヤツ!

「牛すじカレー(サービス)」:ホロホロに溶けた肉から、上品な牛の良い油の味が。つまみでいけそうなコンビーフカレー!

さて、最後は、

サービスでもらった「牛すじカレー」!

あむ。

酒井
あれ?牛の脂って、こんなにうまかったっけ驚

いや、本当にそう思ったんですよ。

焼肉とかの「脂」とは、ちょっと違うと言うか。

これもスパイスの魔力か?

見た目よりもあっさりしていて、これは単体でもつまみとして行けるうまさがあります。

半分くらい食べた時点で、このカレーは集中して食べないと勿体ないと気づく。

本当に美味しかったんです。このカレー。

むしろ食べれば食べるほど、

このカレーに込められた、作り手の努力の日々とか、食べ歩きの件数とか、カレーに対する愛情とか、、

勝手に感じてしまって….

途中から嫁に伝えました。

酒井
ちゃんと味わいたいから静かに食べて良い?
ヨメさん
それ、大事だよね。

と、結果的にお互いに「ウマイ」ということを違う表現で伝え合って、

黙々と食べ進めました。

残り五分の一くらいで、食べ終わりを感じた瞬間に切なくなる。

そして、

もうそろそろ食べ終える。と言う時点で、

僕は胸の奥が締め付けられる気持ちになりました。

酒井
(もうすぐ…カレー終わっちゃう。ちくんッ←胸の音)

あれ、今、なんか胸が痛くなった。

もしかして、

このカレーの時間が終わるのが悲しいのか。オレ。

カレーといられる時間がもう少しだから…

ふと、脳裏に浮かんだのは、

最近、

2歳ムスメが、DVDでトトロのエンディングシーンをみながら

「トトロ、トトロ、おわっちゃダメ!!」

と泣きじゃくっていた風景。

めちゃめちゃ面白い作品だからこそ、終わって欲しくない。と言う気持ちで叫んでます。

….

….

 

もしかして、これって、あの時の娘と同じ心境なのか。

このカレーも、

トトロ並みに優れた一つのエンターテイメントだというのか!!?

というか….

別れたくないって、むしろ「恋」なのか?

その瞬間、僕は全てを悟りました。

酒井
あぁ、このカレーに「恋」をしたんだな。僕は。

と。

まとめ:高円寺「アンドビール」のカレーは、ホレてまう味でした。

そんな切ない気持ちを抱きながらも、カレーを最後のヒトサジまで食べ終えました。

冗談抜きで、皿を舐めたかったです。ヨメもいたのでなんとかガマンできました。

まさか、

「カレー」に恋をしてしまう日が来るなんて。

とにかく、食べ終わった瞬間に、なんならもう一回食べたくて体がゾワゾワするんです。

思わず自分の体を抱きしめました。

さすがにそれはいかんぞ!と。

それくらいおいしい「アンドビール」のカレー。

これを食べに来るだけでも、高円寺にきて欲しい!

駅からちょっと遠いけど、「カレーに恋」したい人は絶対たべてくださーい!