アブローラーで腰痛を防ぐための気を付けるべき3つのポイント!【筋トレ初心者】




酒井
こんにちは。暇さえあれば、アブローラー!在宅フリーランスのサカイです。

自宅トレーニングで腹筋を割りたい。

お腹を凹ませたい。

そして、

「シックスパック」を手に入れたい!

と、考えているあなたなら、必ず一度は手にしたことがあるでしょう!

「アブローラー!」

家では、家族全員で習慣としてやっていますw

 

この投稿をInstagramで見る

 

はじめての家族でアブローラー #筋トレ #筋トレ動画 #筋トレダイエット #筋トレ初心者 #ステイホーム #家族写真

KOTA SAKAI(@kickojisanmax)がシェアした投稿 –

本当に場所も取らないし、重量が無いから置いておいて、間違って足の小指とかぶつけても痛く無いし。

優秀なトレーニンググッズですよね。

値段も1000円〜2000円代でAmazonで手に入る。

ボクが使っているアブローラーはこれ。

お値段、送料込みで1580円でした。 

「mybest」のアブローラー比較記事をまずみた上で、

Amazonのアブローラーの評価コメントも熟読し、

さらに値段的にも2000円を超えないアブローラーがこれでした。

膝をついてコロコロする時の、膝マットも付属しているのも素晴らしい!

これ、使ってわかったんですが、ヒザが固定されることで安定感が全然違う!

組み立ては至って簡単。

棒を本体に通して、両端からグリップをはめるだけ。

シンプル is ベスト!

初心者はローラー部分が太い方がおすすめ。

あと、初心者の人は、ローラーが太い商品を選んだ方がいいかもしれません。

実は、

ボクが通っているジムでもアブローラーがおいてあったんですが、そのローラーの部分が細かったんですね。

それだとバランスがとても取りづらかったんです。

今回、ローラーがとっても太い商品を買って試したところ、

安定感がバツグン!とってもやりやすかったです。

アブローラーは、安全に行わないと「腰」を痛める。

では、さっそくやってみよー!

と、いきたいところですが、

アブローラーって使い方間違えると、腰をえげつないくらいに痛めます。

スピードがついた車輪の反動で、一気に腰に負担をかけたら、そりゃ痛めるに決まっていますね。

せっかくトレーニングを行うつもりで、買ったアブローラーで怪我なんかしたら、泣くに泣けません。

では、

そうならないために正しい方法をちゃんとマスターしてから行いましょう!

忙しい方はこちらの動画!本当にていねいでわかりやすい!

 

【よくある間違えその1】:背中が反った状態で行おうとする。

上の写真の、間違った方法は「背中も沿って頭も上がってしまっている」のがわかるでしょうか。

アブローラーで鍛える部分は、体の前側。

つまり、「腹筋」です。常に腹筋を意識して行う必要があります。

初心者の方は、行う前に、

まずは膝をついた状態で、

腹筋に力を入れた状態で息を止め、「腹筋が硬くなっているか」を確認しましょう。

この硬くなっている状態をずっとキープ!

最初のうちは、息を止めてキープするくらいでも構いません。そっちの方が怪我は防げます!

間違ってもやっている最中に「背中を反らす」ことだけはしないように!

常に意識は「腹筋を硬く、体の前側に意識」です。

【よくある間違えその2】:「腕」でローラーを引き付けて戻そうとしている。

アブローラーで、

体を伸ばした後、最初の位置までローラーを戻す時、

「腕」の力でローラーを引き付けて戻しては絶対ダメ!

背中に体重が乗りやすくなり、腰を痛めます。

正しい戻し方は、「お尻とお腹で体を一気に引き上げる。」という感じ。

ボクは、ワイヤーアクションで後ろに体を引っ張られるイメージでやってます。

 

腰に巻きつけられたワイヤーを一気に引っ張り上げられる!

ようなシーンを想像しながら行うとうまくいくかもしれません。

【よくある間違えその3】:脇を開いた状態で行っている。

上の「間違った方法」の方は、脇が開いてしまっているのがわかるでしょうか。

これ、一回試してみるとわかるんですが、脇が開くとバランスがとっても取りづらいんですよ。

グラグラと横に揺れてしまって、安定しない感じ。

逆に、

脇を閉めることによって、

体の真ん中にギュッと芯を作る感じでやると、不思議と安定するんです。

プランクをやっている時のイメージに近いです!

まとめ:アブローラーをやるなら、まずは正しい形をマスターして無理しない!

アブローラーって本当に便利!

便利だからこそ、最初に正しい使い方を知っておけば、効率よくシックスパックに近づきます!

やっている時は、

「腹筋に意識を置くこと。」

「戻す時は、腰とお尻で。」

「体の芯を作ること。」

これを意識すれば、アブローラーを楽しく続けることができるはず!

ぜひ、試しみてください!