「40歳中年」の僕が2週間で-5kgのダイエットに成功した3つのステップを紹介します。




みなさま、こんにちは。

サカイです。40歳の中年の一般男性です。

さて、今回は僕がダイエットを始めて2週間で、5.5kg減らすことができたステップを、経験を元に具体的に紹介しようと思います。

一応、証拠として記録データを見れるようにしておきます。

→記録データの詳細画像はこちら。

脂肪だけを効率的におとして、-5.5kgいけました。

はじめに伝えておきますと、今から伝えるダイエット方法はいわゆる「ラクな方法」とは少し違います。

ただ、

「確実にコツコツと痩せられる方法」ではあると思いますので、そこは信用してもらって大丈夫です。
大事なのは「やせるためのメンタル作り」なんです。

ちなみに、やせたからと行って今の僕はふらふらになっているわけではなく、

現在、体調もかなり良いことを合わせてお伝えしておきます。

では、早速以下より解説していきます!

動画でもはなしてますー!

この記事はこんな人におすすめ

■確実にやせるためのステップを探している人。

■一時的にやせるのではなく、常に締まった体をキープしたい人。

■ウェディングなど、短期間でやせなければいけないイベントを控えている人。

ステップ1:「この日までにやせないと取り返しがつかなくなる」という目標を決める。

ダイエットって実は始めるのは簡単です。

ただ一方で、ずっと続けるのってそんなに簡単じゃないと思うんです。

なぜなら、「やせるための目標が明確になっていないから」。

人間、やせる目標がなければ、むしろ、やせなくてもいいんです。

「いやいや、そんなこといったって、やっぱり太っているのはだらしない。っておもわれるんでしょ。」

と言う人もいるかもしれません。

そう言う人たちは

「やせてた方がいい」と思っているだけで、本気でやせようと言う気持ちはまだできていないと思います。

僕の場合は「自分を逃げられない状況作り」からスタートしました。

それは、「1ヶ月後にアマチュア格闘技の試合にでるために、軽量時に65kgをパスする。」

というものです。

そう決めて申し込み表もすぐに出しちゃいました。

一旦、申込書を出してしまうと、もう後戻りはできません。

もし当日65kgをクリアしていなければ「失格」です。

失格になったとしたら、、、、

当日、サポートを頼んでいるジムの先生や、応援に来てくれる友達の白けた視線が僕に向けられるのは間違い無いでしょう。

と、自分をまずは「やせないと死ぬ」という状況に追い込むのです。

例えば、

・今から1ヶ月後、友達とハワイにいくと決めてチケットを取り、そこで着る水着のサイズを、思い切って2サイズダウンして買っておく。

・「1ヶ月後の健康診断の時に-5キロできてなかったら、叙々苑ですきなだけ焼肉をおごります。」と友達や同僚にメールかLINEしてしまう。

・1ヶ月後の結婚式の時に着るドレスを、目標体重に合わせてオーダーしておく。

とか、

とりあえず、「やせないと取り返しがつかないこと」を目標にするのが大事です。

ステップ2:筋肉量の測れるスマホ連動型の新しい体重計を買う。

Photo by i yunmai on Unsplash

毎日、自分の体重計に乗るのはもちろん大事ですが、それ以上に大事なのが「毎日の自分の体重が正確に把握」できることです。

実は、もともとウチにあった体重計は、スマホに連動しておらず、計測した数値を自分でスマホにメモっていました。

これが面倒臭いのなんの。。。

あと、何回計っても、体脂肪が同じ数値、、、結論から言えば、壊れていたんですが笑

この時点で「体重計にのるモチベーション」が少し低下します。

なので、思い切って(といっても3000円ほどですがw)、

スマホに勝手に体重をレコーディングしてくれる体重計をアマゾンで買っちゃいました。

これが、本当に安いのに良いんです!

何が良いかというと、

「体重」と「脂肪」だけでなく、「筋肉量」なんかもわかること。

健康的にやせるには、「脂肪は減らして、筋肉は増やす。」のが良さそうだ。というのはわかりますよね。

たとえば、

サウナなんかにいくと体重計が置いてありますよね。

よくあるタイプの体重計は「体重だけ測れるタイプ」のもの。

サウナに入った後に

「やったー!体重へった!」

と喜ぶ気持ちは痛いほどよくわかりますが、

それって根本的に脂肪は減ってません。

水を飲めばすぐにもどりますし、ビールを飲めばもちろん太るw

あれって「体重”減ったつもりになる”計」なんですよ。えぐいでしょ。
(ただ、僕はサウナで得られる「ととのった」感は好きなので、週一回は行きます笑)

だから、ちゃんとやせるなら最低でも「筋肉量」のわかる体重計は買った方がいいんです。

あと、スマホで数値がいつでも見れるようになると、「誘惑に負けそうになった時のお守り」になります。

例えば、心が揺らぎそうなこんな時、、、

飲み会にさそわれた時、

良い匂いのするラーメン屋の前を通った時、

コンビニのビールの冷蔵庫の前を通った時、

食後に物足りなさを感じてしまう時、

スマホを取り出して、自分の体重が減っている様子を見てみましょう。

数字は嘘をつきません。意外と誘惑に耐えられます。

ステップ3:身近な人を巻き込み、自分の意志で勝手にダイエットをやめられなくする

ダイエットって自分だけだと、自分のさじ加減でやめられちゃうんです。

僕の場合は、

ジムの先生が試合当日にセコンド(試合のサポート役ですね)についてくれると言ってくれたので、それが大きいですね。

あと、ヨメさんも面白がって一緒に家にいる時にトレーニング始めてくれたってのも良かった。

毎晩、家でYouTubeのトレーニング動画をみながら一緒に脂肪燃焼しています。

その時に見ている動画のまとめは以下の記事で紹介しています。

↓↓↓↓↓

【減量トレーニング動画まとめ】自宅でのトレーニングメニューは「器具要らず&短時間」の「HIIT」がおすすめ!

さらに食事に対しても、「糖質制限ダイエット」ことに対して理解をしてくれるのはありがたいです。

お米をたべなくても文句言われませんからね

というように、

自分の身近な人を巻き込んで、自分の意志で勝手にダイエットをやめられなくするのが一番です。

逆にいえば、「やせないと人に迷惑がかかる。」くらいにしておけば、人間できるもんです。

まとめ:自分を「やせないといけない境遇にどう追い込むか」がダイエット成功の秘訣です。

いかがだったでしょうか。

自分もまだダイエット半ばで、あとここから3週間で、さらに5kg落として試合にでなければいけない状況です。

なので、今この記事を書いている時も、

「やせた!やったー!」

みたいな気持ちよりも、、

「やせなかったら、いろんな人からダメ人間扱いされる。」

みたいな危機感の方が強いです。

そんな状況ですから、もうやるしかありません。

そういう「やせる覚悟」をきめることがダイエット成功の秘訣だと僕は思っています

この記事が、覚悟を決めて明日からかっこいい体を目指す人生を歩むきっかけになれば幸いです。

一緒にがんばりましょうー!パワー!💪