【親バカ】自分に子供ができると他の子供も可愛くなるし、子供にモテたくなる。




奥さんのおなかが大きくなってくると「育児」に興味を持ち始める。

酒井
最近、四六時中、子供のことばかり考えています。

こんにちは、みなさん。もうすぐパパよ。酒井です。

先日こんな記事を発見しました。

ずっと、本当にずーっと、赤ちゃんと一緒にいなければ立ち会えない「黄金の瞬間」とでもいうべきものが、たまに、前触れなく訪れるのである。

これらは線ではなく点として、まれに発生する。ドラクエのはぐれメタルのように、出会ったそばから逃げていく。それをとらえるためにできることは、赤ちゃんという自然現象と1日中一緒にいること。糸を垂らす釣り人や波を待つサーファーになることなんだろう。

その意味でウンチは象徴的だ、とオムツ担当は思うわけです。コケコがまる1日ウンチを出さないだけで、僕たちはそれを日照りにおける雨のごとく渇望するようになるが、待ちわびたその瞬間はやはり突然到来する。

(上記、紹介記事より抜粋)

この記事。

もし僕に子供ができていなかったら、

「….うん。親バカ。幸せそうでいいわね┐(´〜` )┌」

くらいに感じていただろう。

ーー

ただ、子供ができた今はどうか。

酒井
うらやましい!そんなん最高やん!!俺もやりたい!!

と下唇を噛んでいます。

家が育児モードになっていく。環境が変われば、考え方も変わる。

ここまで書いても、子供がいないメンズには伝わらないと思う。

実は、ぼくもすこし前までは、

「子供、うぜぇうるせぇ。あっちいけ」

くらいに思っていた。

ただ、最近、確実に自分の生活環境が「育児中心」に変わってきた。

・あんなに酒好きだった奥さんは「偽ビール」しか飲まなくなったし。
(偽ビールでオススメのブランドはこれだそうです。結構うまい。)

 

・毎日のようにネットで買ったベビー用品が家に届くし。

・生まれたあとの保育園を奥さんと一緒に回るというイベントが起こるし。

なんだかんだ、家の中が「育児モード」にどんどんと変形していくのだ。

そうなるとどうしても頭から育児のことが離れなくなり、

気づくとスマホでも、

「赤ちゃん 名付け 参考」

とか調べている。

※このサイトが結構よかったです。
名付けヒントボックス

子供に興味が出てくる→子供が好きになる

そう。つまり昔の僕は「子供に興味がなかった」のである。

ただ、それが自分に子供ができたとなれば話は別だ。
自分の生活がどんどん子供中心に変わっていく。

で、自分でも色々調べるようになってくる。
奥さんのお腹に話しかけるようになってくる。

一度そうなったらもう止まらん。

本当に健康に生まれてきてくれるのか。

生まれたらちゃんと夜寝てくれるのか。

自分のことをなんて呼ばせるのか。

成人になったら一緒に酒を飲みたいなぁ。

などなど…

死ぬほど考えるようになる。

なんなら、服の趣味とかも変わってくる。

昔は、ベーシックで着まわしがきいて、頭良さそうな、

「無印良品」

とか好きだったのに、

 

今日、僕が買ったTシャツがこれだ。

拡大すると、、、、

 

「ゾウ」や「ライオン」や「カンガルー」がいる。もちろん「パンダ」だっている。

そう。子供にこれを教えたい。。

子供と一緒に遊びたい。

いや、

子供にモテたいからだ。

(このイカしたTシャツは高田馬場の「PAINT」さんで購入。
イカしたヒゲのおじさんが1枚1900円〜という儲かってるか不安になるくらいの値段で売ってます。)

 

子供を作れば「子供全体」が好きになる

そうすると、一般的な親バカな夫婦の気持ちもなんとな〜く理解できるようになる。
そりゃ、こんだけ子供のこと考えてればね。

だから、世の子供嫌いの男子・女子よ。

子供を作れば子供全体が好きになる。

マジでこれは真理。

これが、実際にうまれちゃったら僕がまたどんな気持ちになっちゃうのか。

いまから楽しみです。