【小学校2年生でもわかる「格安SIM」のしくみ】 なんで、格安SIMは安いの? もしかして大手キャリアが高いの!?




 
こんにちは。
 
今流行りの携帯の格安SIMについて詳しい酒井(@oasis_sk)です。
 
実はこの前、
スタバに対して異常なほどの愛情を注いでいるケンタさんがウチの近くのスタバに来たんです。
 
で、一緒にうまいコーヒーをすすっている時に、
 
「格安SIMについて教えて欲しい。」
 
と言われたのでちょこっとだけ教えさせてもらったんですよ。
 
 
 
 
そしたらめちゃめちゃ感動していたので、
その時、話した内容の一部をここに載せようかと思います。
 

格安SIMに変えたら、携帯代が5分の1になった。

 
僕自身、実はちょっと前までボロい「iphone5」を誤ってアスファルトに叩きつけてぶっ壊すまでは、ソフトバンクの携帯を4年間も使っていました。
 
ただ、そのタイミングで携帯代を「なんとなく」見直してみたくなったんですよね。
 
そしたら、なんと!
いろいろわかってきたんですよ。
 
「どうも、携帯代払いすぎている。。Σ( ̄□ ̄;)」
 
あんまり通話もしていないし、パズドラとかもしてないから通信量もさほどないはずなのに、
なんか月々9,000円くらいしてたんですよね。
 
そのあと、格安SIMも含めて、
様々な会社を隈なく調べたんです。
 
僕は楽天カードユーザーだったので楽天の「格安SIM」にしたら、
なんと月々約9,000円くらいの携帯代が、
 
1,819円になりました。
 
スクリーンショット 2016-07-04 17.05.39_r1_c1
 

広告費、店舗設置費等をぜんぜん使ってない。それが格安SIMの安さの秘密。

 
さて、じゃ、なんでこんなに安いのか。
 
小学校2年生にもわかるように説明します。
 
フムフム…(*゚ー゚)
 
例えば、
 
あなたは来週の週末バーベキューにいきます。
 
2つのプランがありますが、どちらにいきますか?
【Aプラン】
・場所はアクセスのしやすい六本木の高層ビル「森ビル」屋上。
・テレビCMがよく流れていて、マツコの番組とかでも取り上げられる。
・バーベキューコンロの準備やビールの用意もお店の方で万全。
・店員さんは全員イケメンorカワイイ。
・出てくる食材は普通の肉。
→料金はめちゃめちゃ高額。
 
 
【Bプラン】
・場所は都会から離れた田舎のキャンプ場。
・知る人ぞ知る穴場的な場所。
・自分で鉄板や炭を持っていく必要がある。
・セルフで全て準備するので、店員さんは基本はいない。
・出てくる食材は普通の肉。
→料金は格安。
 
さぁ、【Aプラン】と【Bプラン】で同じ言葉が出てきますが、どれでしょう。
 
ヽ(`Д´)ノ「出てくる食材は普通の肉」!!
 
そうなんです!
 
実は食べる食材はさほど変わりません。
まぁ、100歩譲って【Aプラン】の肉の方がちょっと美味しいくらい。
 
【Aプラン】と【Bプラン】では何が大きく違うかというと、
「肉以外のサービス料金」なんですね。
 
さぁ、するどいみなさんのことだから、もうお判りだとおもうのですが、
 
【Aプラン】は大手キャリア(docomo,au,softbank)
 
【Bプラン】はそれ以外の格安SIMのことです。
 
 
つまり、
 
大手キャリアはお客様を集めるために、
 
有名な芸能人を起用したテレビCMを打ちまくってイメージアップを図り、
様々な街に大量の店舗や店員などを設置し、
 
格安SIMと大きくは性能が変わらない商品を売っているような感じです。
 
 
むしろ、その広告費や店舗費を、
 
大手キャリアのユーザーが毎月高いお金を出してサポートしているような感じです。
 
はい。
 
どうですか。なんかおかしいと僕はおもったんですよ。
 
そして現在は携帯を変える前とほぼ同じような契約内容で
 
はらっている金額は5分の1の、
 
1,819円になったわけです
 
 
もう、今までの携帯代がなんだったのか。
 
ワケがわからないよ!!Σ( ̄□ ̄; )
 
 
言い切りましょう。
絶対に格安SIMの方がお得です。
 
ただ、
大手キャリアから格安SIMへの切り替えは激ムズ!
なんですよ。
 
それについてはまた別の機会に紹介させていただこうかと思います。
 
ではまた!